森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今日はこれから、愛媛木材青年協議会(愛媛木青協)の仲間とOBの先輩方と『お祝いの会』があります。何のお祝いかというと、愛媛木青協の現役会員の井部健太郎君と日野猛仁君の【当選】のお祝いです。井部君が、『久万高原町町の町議会議員』に、日野君が『伊予市の市議会議員』にそれぞれ初出馬で見事当選しました。日野君はお父さんが長く議員をされていて、今回引退されたのを受けての出馬、井部君は昔身内の方が議員さんをされていたようで、全く無縁というわけでもないようです。やはりDNAに脈々と『政治家』の血が流れているのでしょうか。一昔前は、材木屋といえば広い敷地を持ち、代々商売を受け継ぎ、地元の名士などとも呼ばれ、議員さんをされていた方もたくさんいました。いまや隔世の感がありますが・・・。

愛媛木青協は45歳が「定年」となっており、私もあと数年で卒業となりますが、日野君は同級生で、井部君は1つ年下で、二人とも同年代です。いつまでも若い気分でいましたが、周りを見渡せば既に中堅、いろいろな役が回って来ます。かつて先輩から、「請われた役は断るな」と教えられましたが、全てを受けていれば体が持たないので、出来る範囲を自分でしっかり見極めなければと思います。

しかし規模の大小はあれ、人に選ばれ「議員」になって政治に参加するというのは「奇特(!)」な決断だと思います。二人には、木材業界の代表などというケチな領分ではなく、大きな視野を持って頑張っていただきたいです。現役・OBたくさん集まり「祝宴」となりますが、この後の事を考えれば身の引き締まる思いでしょう。

20090501e38080e3818ae7a59de38184efbc97

『お祝い&慰労会』の様子です。きちんとした場所で格式高く行いました。こういう時の集まりの良さは、愛媛木青協の伝統です。多くの会員・OBが集合です。司会は、今年度の愛媛の総務・大成郁生君(三新機械)です。

 

 

 

20090501e38080e3818ae7a59de38184efbc95

まずは井部君からご挨拶。挨拶も議員さん口調になった?かなり鍛えられたようです!みんなも神妙な顔で聞いています。林業の町・久万高原町の若い世代の期待が寄せられた最年少議員の誕生です。

 

 

 

20090501e38080e3818ae7a59de381842

日野君は早速「お仕事」があり、少し遅れて登場。法政大学の元ラガーマンです!日野君の会社のある伊予市もかつては、多くの製材工場が隣接して賑わっていましたが、最近はめっきり数も減って寂しくなりました。伊予市には珍味などいろいろ特産物もあるので、木も含めたコラボなどで元気を取り戻してもらいたいです。ちなみに日野君の隣が㈲成瀬製材所成瀬昭親さん。この方についてはまと後日改めて・・・詳しく。

 

 

20090501e38080e3818ae7a59de38184efbc932

みんなから花束贈呈と記念品を贈りました。記念品は、これからの政治活動の心の必読書加治隆介の議】の全巻セットです。これは、『課長・島耕作』で有名な弘兼憲史氏の政治漫画です。漫画かなどとあなどってはいけません。鹿児島から衆議院議員に立候補した加治隆介が、党利党略や甘い誘惑に翻弄されながらも自分の政治理念を貫き通して、最終的に総理大臣になる話ですが、単なるサクセスストーリーではありません。10年以上前に出版された漫画ですが、PKOの平和活動、2大政党制、世襲問題など扱われている内容は、とてもシュールで今だに解決されない『政治の根本的課題』です。じっくり読めばかなり勉強になります。

scan_shot1加治隆介は一介のサラリーマンでしたが、議員をしていた父親の死亡により政治家を目指すことになるのですが、亡き父の日記の言葉に強く感銘を受けます。『決して自分や自国につながる利益を優先してはいけない。それが私の政治信条である。』政治家として当たり前の事ではありますが、なかなか言えないし、貫き通すことは出来ません。政治の仕事をする者、この漫画と黒澤明監督の映画生きるぐらいは観ておくべきだと思います。

二人とも今の高邁で熱い情熱を忘れることなく、人のために尽くせる立派な議員さんになって下さい!愛媛木青協の会員みんなが応援しています!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年1月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up