森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20121021 1愛媛大学の『大学ショップえみか』で販売していただいている『森のしるし・愛媛大学バージョン』ですが、『陸前高田のしるし』ともに順調に販売していただいております。決して一度に大量に売れるわけではありませんが、学生達の陸前高田でのボランティア活動を知った方々からもありがたい支援が続いており、ありがたい限りです。本日もご注文をいただき、袋詰め作業に精を出しています。左端が『陸前高田のしるし』、その右隣がマスコットキャラクターの『えみか』、右端が『愛媛大学の学章』です。

 

20121021 2

東日本大震災の大津波にも耐えた岩手県陸前高田の「奇跡の1本松」をモニュメントとして残すため、伐採し、特殊な防腐処理保存をする事になったのは先月の事。死にかけた松を人工的に残すことに賛否はあったようですが、1本の松の生命力は多くの人に勇気を与えたことと思います。一方その陰で、倒壊した7万本もの松についてはあまり省みられる事が少ないように思います。こういう小さなモノであればまだまだ利用価値はあります。今日もせっせとスタンプを押し続けるのです。

 

20121021 3それら商品を納品に行ったのですが、その時にキャンパスを車で通過する時いつも気になっていたあるモノをしっかり撮影してきました。運転しているとさすがに写真は撮れないのでいつも悔しい思いで臍(ほぞ)を噛んでいたのが、こちらの『ガードレールを食べるプラタナス』。樹勢の盛んなプラタナスを街路樹として植えた時によく見られる光景で、愛大前でも数本のプラタナスがガードレールを食べています。その噛み付き具合にはそれぞれ個性がありますが、こちらはかなり空腹だったと見えて豪快な食いっぷり!

 

20121021 4このまま成長が進むと、すっかりガードレールを体内に取り込んケロッとしているものもいます。プラタナスは、痩せた土地や湿地でもよく成長し、公害にも強く刈り込みにも耐える(この季節、よく丸裸に剪定された痛々しいプラタナスを見かけますが)事から、銀杏と並ぶ街路樹の代表格です。愛媛大学の正門通りに植えられているのは、その花言葉が『天才』である事にも関係があったりするのでしょうか?かつて古代ギリシャで哲学者たちが、枝振りのいいこの木の木陰で哲学を説いた事がその由来だとか。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年9月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Scroll Up