森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

本日も㈲カントリーウッドガーデンさんが新しく出されたカフェの話ですが、名は体を現わすで、室内外にたっぷりと木が使われています。個人の住宅だとメンテナンス等を考えるとつい二の足を踏んでしまうような使い方が出来るのも、オーナー自らが腕を振るって施工しているからこそ。こういうタイプの商業店舗が沢山増えたら、うちの倉庫で出番を待ちあぐねている変わりモノたちにも出番が巡ってくるのに。そう考えると、菊野君には早いとこ、たっぷり木を使うカフェ2号店、3号店も出してもらわねばなりません!


カフェと言っても、それは店に入りやすいための入口であって、本業は木の家具やドールハウスのミニチュア家具がメイン。店内にもテーブルや椅子が沢山展示販売されています。ひと昔前だと、カントリー家具というと、俗に言うパイン(ロシア産のオウシュウアカマツや北欧産のレッドウッドなど)が主流でしたが、最近はパインからもっと硬質で木柄がクッキリしている『ホワイトアッシュ』などに変わってきているようです。弊社でも以前はよくロシア産のマツを仕入れていましたが、最近は挽き板としての輸入が激減していて、安定的に確保できなくなりました。

ちょうどお客さんの嗜好も変化していた時期なのでソフトランディングでホワイトアッシュやホワイトオークなどの北米産の中・硬質な広葉樹にシフトさせていきました。そのホワイトアッシュに、総被害量立木で1億本とも言われる大規模な甲虫の食害が北米で出て価格が高騰するのではという憶測が流れたという話を以前にブログで書きましたが、その話に急展開がありました。どこまで確実な内容なのか定かではありませんが、この冬北米を襲った10数年来の記録的な大寒波によって、その甲虫(エメラルドアッシュボーラ―)が死滅してしまうのではないかという話。

低温に加え強風が吹いて感温度が-50℃以下に達するとこもあるらしく、あまりの寒さでエメラルドアッシュボーラーの幼虫たちも乗り越えられず一掃されてしまうのでは(しまったのではないか)という推測がされています。これが本当だとしたらエメラルドアッシュボーラ―には可哀想な話ではありますが、木材業者にとっては大きな危機が回避できたようです。地上で無双だと思われていた存在が自然環境によって全滅しリセットさせられる。大きな痛みを伴いながらも自らの力で治癒させてバランスを取ろうとする見えざる力を感じずにいられません。自然は偉大で恐ろしい・・・




本物のビーバー達の活動が盛んになるのは夏らしいのですが、われらビーバー救出隊にとってもっとも歓迎する季節が冬。まさに今がその時です。『寒伐り』といって、木が土中から水分と養分を吸い上げる活動が停滞しているため、この時期に伐採すると保存がききやすく、虫害のリスクも減らせます。これが夏場だと、木がたっぷり水分と養分を溜め込んでいるので、虫の活動も盛んで、丸太の保存にも適しません。木を伐るなら冬場。という事でおのずとビーバー隊の活動も盛んになるということです。今日も全国のあちこちでビーバー隊が気ぜわしく駆けずり回っています!

厳密にいえば、立春(2月4日)の前の30日間を「寒(かん」と言うのですが、広義で冬場に伐採する事を『寒伐り』と呼んでいます。ところで、誰もが知っているかのごとく『ビーバー隊』という呼び名を使っていますが、ご存じない方のためにここで改めてビーバー隊について説明しておきます。ビーバー隊とは・・・以前にもブログで書きましたが、三重県の大台町に別名『ビーバーハウス』と呼ばれる武田製材所があります。その代表者である武田誠さんは、雑木に愛され雑木を愛する男。木が好きで好きでたまらないという真性の木材馬鹿(最大級の賛辞)なのです。

スギやヒノキなどの針葉樹に比べて出口の定まらない小さな雑木は伐採されてもほとんど利用されることがなくそのまま放置。そんな姿を黙って見てはいられない。誰も救わないのなら俺が救おうじゃないか!と、誰に頼まれたわけでもないのに、生まれもっての本能で、居ても経ってもいられなくなって、そんな身寄りのない雑木たちを引き取りに行っているのです。颯爽と軽トラで駆けつけ、雑木を回収し、自分のところで製材し、その挽き具合をうっとりと眺める。こういう一連の流れを『救出』と呼んでいます。そんな武田さん率いるビーバーな人間たちが『ビーバー隊』で、武田さんはその隊長。

私もそのビーバー隊の末席に名を連ねさせていただいています。そのビーバーにもいろいろなタイプがいて、隊長のようにとにかく集めて挽いてみて挽き具合を楽しむ『挽きビーバー』、雑木の中でも硬めの木だけに惹かれる『ハリガネビーバー』、どこに伐採された現場があるとかやたら情報に詳しい『パパラッチビーバー』などなど。私はとにかく種類を増やして森のかけらを作りたい『かけらビーバー』。そんなビーバー隊の活躍する場所は森ではなく。そうです、これからは街路樹や公園、学校木、庭木、など町の中に植えられた木が大きくなり伐期を迎えているのです。まさに『都市林業』の時代がやって来たのです!

そういう木って、山から伐りだされる木のと違って流通システムが確立されていないのがほとんどで、木材市場に並ぶ事は滅多にありません。造園業者などが伐採するため、廃棄を前提として伐採するためそのまま廃棄物処理場へと向かうのが通例。そこには当然廃棄料というものが発生しますが、それってもの凄く無駄で誰も喜びません。どうせならば資源として利用しようじゃないかという事で、ビーバー隊が新しい流れを作ろうとしているのです。本当はモッタイナイを無くそうという錦の御旗を掲げて、自分たちの趣味嗜好を楽しんでいるのですが(笑)。それも本能だから仕方無い。

 




雨が多いと気になるのは雲の大きさばかりだけれど、心の広さに比べてみれば別にたいしたことじゃない♬って、さだまさしさんの歌がありましたが(HAPPY BIRTHDAY )、雨が続くと材木屋が気にするのは木のコンディション。弊社の小さな倉庫に入る材には限りがあって、倉庫の中に入りきらなった材は外の差し掛け屋根の下で保管しています。でっかい倉庫でもあればいいのかもしれませんが、大きいと大きいなりに使ってしまうので結局同じことだと自分に言い聞かせています(涙)。

いったんしっかり乾燥してしまえば、実は少々雨に濡れたぐらいでも大丈夫なモノなのですが、それにしても濡れないにこしたことはありません。なので、風の向きも考慮して、ここぐらいまでだと雨が吹き込まないだろと数センチのせめぎあいが繰り広げられています。手前の方の木は濡れてもひと風吹けばすぐに乾きますが、風が強くて奥の方にまで雨が吹き込むと厄介。風通しが悪いと、しばらくすると見たくもない光景にお目にかかることもあります。

ちゃんと名のあるキノコの仲間だと思うのですが、私にとってはエイリアンが材木屋の商売を邪魔するために宇宙から持ち込んだ細菌兵器としか思えません!私の中では映画『宇宙戦争』の凶暴エイリアンの姿がオーバーラップしています。きっとそのうちここから何か最悪な胞子が飛び出してきてひとを襲うに違いないッ!この丸太は、直径が小さくて形がいびつだったので、製材できずに半割だけして、何か使い道でもあれば儲けものと外に積み上げていたモミジバフウです。

なのでエイリアンに宿主にされても痛くもかゆくもないのですが、侵略されてはたまらないのでどうにかせねばならないと思っていたら、さすがにこの暑さで敵もまいってしまったようで、すっかり弱体化してしまいました。エイリアンといえども地球の今年の異常な暑さまでは計算にいれていなかったか。当初はラーメンに入っているキクラゲのようにプニプニして思わず採取しそうになったほどでしたが今は見る影もなし。エイリアンの野望こうして果てて、材木屋の平和は守られたのです。




昨日からご紹介しているクロガキを加工してもらったのは、いつものZEN FURNITURE』の善家雅智君。彼の工場からクロガキの板を運ぶ際に思いがけない組み合わせが実現。弊社の3トン車の荷台の上に並んでいるのは、クロガキ(右)とクリ(左)。クリは函館産のクリの一枚板をフローリングに加工したもの。こちらは木工所で加工されたもので、この後弊社で検品して長さをカットして整えます。それぞれ別のお客様さからの注文だったのですが、この組み合わせに注目!これも「チーム・フルーツウッド」!

一体何を興奮しているのかというと、クリとカキ。フルーツウッドなどキワモノ木材を扱う弊社とて、【森のかけら】以外で同じタイミングでこういう組み合わせの仕事が入るのは珍しいのです。そう、ここにあといくつかの木が揃えば、日本人なら誰もが知っているあの昔語の登場人物(キャラクター)が揃うのです。後のメンバーは、『モンキーポッド』。カキ、クリ、サルといえば、もうそれだけでもピンとくると思います。そう、『サルカニ合戦』です!

今更ストーリーを説明するまでもありませんが、話によっては登場人物(キャラクター)が省略されている事もあるので、整理しておきます。主役はサル(モンキーポッドカニ。事件が起こるのがカキの木()。親ガニを殺したサルを懲らしめるのが、石臼、牛の糞、蜂、畳針、クリ(栗)。とりあえあずカキ、クリ、サルだけでも何となくサルカ二合戦はイメージできるとは思いますが、ここは強引な力技で『森の5かけら』を作り出す「かけら職人」のメンツにかけて後もどうにか木に例えたい!

どうにか木と関連付けてみると、まず牛の糞は、バッコウヤナギ。文字通り、ベコ(牛)が好んで食むヤナギがその由来。石臼は、石つながりで「イシゲヤキ」の別名を持つ『ニレ』。畳針は、針つながりで「ハリエンジュ」。かなり苦しいですが・・・。問題はカニとハチ。蟹という言葉で木材でイメージするものといえば、蟹の甲羅のように見える蟹杢。その蟹杢が現れるのがツガ。弊社の在庫で蟹杢があるのは『キリシマツガ』、最後のハチですが、これがどうあがいても繋がりないので誕生木(8月)でケヤキ。かなり苦しいこじつけではありますがこれにて『サルカニ合戦の8かけら』完成!




地元の愛媛県久万高原町で産出された『モチノキ』。板に製材して半年ほど天然乾燥させていたものですが、中を開けてみると無数の小さな虫穴が~!調べてみると同時期に挽いたモチノキすべてが同じように穿孔されていました。ひと昔前なら青ざめて発狂したかもしれませんが(それは少し大袈裟ですが・・・)、半世紀を生き抜いたこの歳になると、こういう冷静に受け止める事が出来ます。まあこれが市場で仕入れた1枚数十万の板であれば発狂したかもしれませんが、原木ならばこれも宿命!

そもそもこれらの丸太は、愛媛県内で集めることの出来る広葉樹という大枠で集めているもので、とりあえず板に挽いて小さめのカウンターや幅剥ぎにして家具などに使うたもの。更にそれで余った端材などは【森のかけら】や『モザイクボード』などに使います。虫に喰われてなければそれはそれでありがたいものの、あればあれで使い道はそれなりにあります。その前提は、虫穴を『欠点』と捉えずに、『個性』だと認識できるかどうか。そしてそう思える仲間をどれぐらい集めることが出来るか。

いくら自分では理解できたとしても、それを認めて受けとめて買っていただける人がいなければただの「強がり」ですので、まずは同じ穴のムジナ、いや同類の友をいかに多く集められるか。変態的な木材嗜好を持つ者の元には、同様の変態的嗜好を持った人が寄って来るもの。お陰様で建築以外の用途でこういう『個性』を買っていただける人が、匂いを嗅ぎつけてやって来ていただくようになりました。すると、すぐに「何に使うのですか?」と訊ねる人がいらっしゃいますが、そんな事教えられるわけがない!

勘違いしている人が沢山いらっしゃいますが、「どういう用途で売るか」という事こそが、こういう個性を持った木にとっても最大の肝であるのに、それをただで教えてもらえると思い込んでいる無神経さには驚かされます。その用途を作るのにだって当然それなりのコストはかかっているわけで、まだまだ未発掘の用途は沢山あるはずなのだから、ぜひ自分で汗をかいて発掘すべき!そうしたら人に教えようなんて思わないはず。虫穴のあいた板の用途をただで教えてもらおうなんてあまりに虫のいい話




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up