森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日、サワラ(椹)の話を書きましたが、ちょっと書き足りなかった事があるので補足します。以前にもブログで書きましたが、同じ響きのサワラ(鰆)について。春先になると産卵のために沿岸に近づくので、春によく見かけることから、「春を告げる魚」という意味で魚編に春で『』。これぐらい由来がしっかりしていると分かりやすいし覚えやすいのですが、木の名前は往々にして音の響きからその漢字があてられているだけで意味のない漢字や誤用したまま放置されているものがあります。

樹木のサワラもまさにそれで、漢字としての椹は本来「桑の実」を表わす漢字なのですが、誤用されて今に至っているのだとか。ではサワラという言葉はどうかというと、同じヒノキ科のヒノキに比べると枝葉がまばらで少なく全体的にスッキリしていることから、髪の毛がすけすけで少ない状態を表わす「爽(さわ)らか」という古語に由来しているのだとか。あるいはその材質もヒノキに比べると軽軟で粘りもないからとか、その香りもヒノキより薄く爽やかだからという説もあるようです。

サワラの木を手にする機会が少なくて、弊社にいまあるのも壁板に加工されたものなので、しっかり乾燥されていることもあって、ほとんど匂いはしません。産地の方に伺ってもヒノキほどの匂いは無いと言われていました。木を見るとほとんどの方が匂いを感じようと鼻を近づけられます。ひとは本能的に五感で木を感じようとしているのだと思いますが、そういう意味では匂いも木にとって重要なストロングポイントのひとつ。その匂いが弱いサワラって自己アピール力弱いのでは?!

ところがよくしたもので、匂いが弱いという事は考え方を変えれば食べ物に匂い移りがしないという見方にもなります。更にサワラが水質によく耐える性質があるため、飯櫃やかまぼこ板、経木など食べ物に直に触れる用途に使われているのです。先人たちの木の特徴を見極めてそれに合った用途に用いる目利きぶりとその感性、骨までしゃぶって一切無駄にすることなく使い切ってやろうというモッタイナイ精神と樹木に対する畏怖と感謝の心にはいつもいつも頭が下がる思いです。

 




今年も秋祭りの幟旗が無事立ちました。昨年は祭りの頭取を拝命しまして、頭取選挙から祭り当日、そして打ち上げまでのおよそ二ヶ月間は長く長く感じられましたが、今年は肩の荷も降りて、頭取選挙からあっという間でした。数年前にこの幟竿も新調することとなり、弊社で新しい丸太を納品させていただきましたが、その時と比べると随分と軽くなったように思います。毎年この時期は、天気予報と睨めっこしながらの幟立てとなります。過去には、台風接近で折角立てたのに危険防止で寝かした立て直したこともあります。

昨年は台風が接近していてかなり冷や冷やものでしたが、今年はどうやら大丈夫という事で予定通りに幟旗が立ちました。この幟に使われているのはヒノキの丸太です。長さは10mを越えていて、建築ではさすがにこのサイズの丸太は使うことはありません。ほとんどが祭りの幟用ではないかと思われますが、もうひとつの晴れ舞台が『鯉のぼりの竿』。さすがに昔に比べると10mを越えるような竿を使うような(使えるような)お宅は減ってきていて、端午の節句の頃に市内を走っていてもそんなに高くを泳いでいる鯉を見かけなくなりました。

我が家に男の子が生まれた際には張り切って10mを越える竿を仕入れて、ユニックを使って社員総出でどうにか立てました。その竿を立てるために穴を掘らなければならなかったのですが、頑張りすぎて、幼い息子がすっぽり穴の中にはまるほど深く穴を掘ったのも遠い昔の話。そんな息子も今年は大学受験を控え、背丈ももうすぐ私を超えるほどに成長。通常は幟を抱かせる土台を立てるのですが、私は直接丸太を埋めていたので、年中立ったままで風雨にも晒され、かなり朽ちてきていて倒壊の危険もあったので数年前に撤去しました。

たまたまうちは材木屋という職業柄、広めの土地があったので大きめの鯉のぼりを掲げることが出来ましたが、今後ますます狭小住宅が増えてくると思われるので、大きな鯉のぼりが大空を泳ぐ光景を見ることも減っていくと思われます。大きいからいいというものではないのですが、それ用の大きな幟丸太の需要も減っていくわけで、長尺丸太はますます出番がなくなっていきそうです。長尺丸太の貴重な出口である祭りの幟も毎年更新するわけではありません。時代とともに『森の出口』も変わっていきます。

 




青森ヒバだと信じて買って植えたこの木はなんとサワラだったのです!どこで取り間違えたのか、そもそも最初からサワラだったのか、あるいは店の親父がだましたのか?もしや親父が私を試すために仕掛けた長いフリで、「青森ヒバじゃなかったぞ!」の連絡を首を長くして待っているとしたら?!まあそれはともあれ、サワラで間違いないようなので、思わぬ形で立ち木のサワラを見ることになったのです。まあ正確に言えば、それがサワラの木だと思わずに毎日サワラの木を見続けてきたわけですが。これぞ材木屋の立木知らず、お恥ずかしい

現場で木を扱う人間ですからこうやって恥をかきながら経験を重ねていくしかないのです。身近なところに無い木とか、海外のマイナーな木って、情報はあれども実際に自分で触って加工して肌感覚で体感してみないと、その特徴などをまた聞きとか他人の言葉でしか伝えられません。なるべく紋切り型ではない、材木屋ならではの言葉で伝えたいと思っているものの、どの木にも『クスノキ』のように匂いを嗅げばすぐ分るような強い特徴があるわけではありません。特に白系の常緑針葉樹って特徴もよく似ています。

それをさらに35㎜のキューブにして、多数の樹種名の書いていないキューブの中に混ぜたとしたら、その中からこれがサワラ!なんて特定するのは至難の技。いったん混ざってしまったらどうしようもないと思っていたら、怪我の功名というか、小口の油分の滲出によってサワラが特定できそう。オイルを塗ってない状態のものでは油分の滲出が見られなかったので、オイルを塗ったことが原因っぽいです。まあそれも木の個性ですからだからダメだなんて否定したりなんかしません。木は人間のために生まれてきたわけではない。

そしたら先日たまたま、サワラが水によく耐えるという特徴を活かした現場に偶然遭遇。何気なく入ったうどん屋さんのうどん桶が、洗うためにひっくり返されていたのですがその底には「200年サワラ」の刻印が!今まで何度も通った店ですが、そうかこれもサワラだったか!身の回りのモノの多くに木が使われていますなんて言いながら、庭のサワラといい、うどん桶といい、日々何度も見ていながら見えていなかった。あまりに馴染みすぎていて無意識になっていたと反省『森の出口』は何も新たに作らなくとも身近に沢山溢れています。強い自戒の念を込めて見逃し注意!

これは補足ですが、調べてみるとサワラはサワラでも園芸品種用に改良されたものようです。関東方面では、園芸品種のサワラを庭に植えたり、生け垣に植栽されているらしいのですが、その際に『ヒヨクヒバ(比翼檜葉)』とか『イトヒバ』m『シノブヒバ』、『オウゴンヒヨクヒバ』など名前になぜか『ヒバ』の名前が付くことが多いみたいです。という事は私が買った苗木も、『青森ヒバ』ではなくて、『青森(産のヒヨク)ヒバ』という意味で、店の親父は言ったのかも?!木を扱う人に悪人なし!そう思おう。




この数年で中学、高校や大学などの学校との距離が急激に縮まっていて学生の体験学習や授業に使う教材、工場の見学、あるいは校内の木の伐採などいろいろな形態で学校と関わらせていただく機会が増えてきています。こちらから何か働きかけているとか特別に営業しているというわけではないのですが、ご縁が出来たご来店された先生や生徒が、学校の友人・知人に「いろいろな木の端材を売っている変な材木屋がある」と口コミで広げていただいた結果だと思います。転勤や卒業、就職でそのネットワークは徐々に県外にも広がりつつあります。

営業力の無い弊社としては願ったり叶ったり。しかもそうやって噂を聞いてご来店される先生や生徒は、「少し変わっている」とか「偏屈な」という注意事項を理解したうえで来られるので、「スギやヒノキの板が欲しい」なんてノーマルな問い合わせはほとんどありません。これがまた嬉しいというか、説明手間が省けて凄く助かるのです。「ちょっと変わった木を探しに来たんです」なんて声を聞いちゃうと、どれどれなんて身を乗り出してしまって余計なサービスまでしてしまいそうになります。まあ、そういう気持ちでしているのが、『学生はいつでも端材20%OFF』。

好みの端材探索もいいのですが、学校の授業で使う教材としての活用もありがたいです。その中でも弊社の持ち味がもっとも発揮できて、私としてももっとも嬉しいのは、「国内外のいろいろな樹種で揃えて欲しいのですが、樹種の選択はお任せします」というご依頼。OOとOOの木という条件が入ってくると、取扱樹種数こそ多いけれど、量はたいして持っていない弊社としては、端材といえども同じサイズである程度量を揃えようと思うと端材(赤身)だけでは足りず、本体(トロ)にも手をつけずにはいられなくなります。当然のことながらトロはお高い!

個人が趣味嗜好品として買い求められるものならば、少々お高くてもいいモノ使いましょうとお薦めもしますが、学校となると予算も決まっているのであまり高いものになると、量が抑えられ1人あたりの使える量が減るのも忍びない。なので、こちらの都合を優先させていただく『お任せ』であれば、多樹種でご用意できるのです。今回ご注文いただいたのは、技術の授業で「木のスプーン」を作るための端材。一応何の木か分かるように樹種ごとに分けて名前を書いてます。本当はそれぞれの物語まで書き添えたいところですが、まずは森の入口に一歩足を踏み入れてもらってから!

 




モノづくりをしていると否応なしに発生するB材の始末をどうするかは永遠の命題ですが、今作らせていただいているカードスタンドの端材を利用して作っているのが、この『モザイクパネル』。40×50×12㎜サイズの小さな板に斜めのスリットを入れてオイル塗装をしたものが完成品ですが、加工の途中で面が大きく欠けたり、弾けたり、加工ミスがあったもの、節やピンホール、青染みなどA品にならなかったモノをどうするか。それが溜まりに溜まって段ボール数箱分になってしまい、このまま捨ててしまうのはモッタイナイ、何か作れないものかと思案していました。

あまり手をかけてしまっても仕方ないので、なるべくそのままの形を活かして作れるモノ・・・それで思いついたのが、スリットを裏にしてベニヤに貼り合わせたモザイク柄のパネル。それぞれの角を面取りしているので、ベニヤに貼りつけた後、プレーナーで削って面を飛ばします。それからサンダーで磨いて、オイル塗装しました。それでもB品なので部分的に欠損しているところもあるので、そこは大胆にパテ埋めしています。サイズが微妙にズレているのでそれぞれの間にかなり隙間もありますが、これはこれでB品として割り切ることに。とりあえず10枚ぐらい作りました。

このために何か仕入れてはB材加工職人の沽券にかかわるので、倉庫にあるものを活用します。下地のベニヤは倉庫に残ったいたものを転用していますので、サイズはバラバラ。これをどういう風に使うのかという事ですが、弊社の事務所ではこれを何枚か繋げて意匠的な壁として使っています。少し離れれば、隙間とか気にならないのですが、近づいてみれば結構粗い造りですので、その辺にご理解のある方に使っていただければと、都合のいい事を考えています(笑)。

何枚かオンラインショップにアップしてみて、あまり反応が無いようなら別の使い道を考えます。自分の中ではまあまあ手応えはあるのですが・・・。こういうのって企画を練っている時が一番面白くて、出来上がってしまったら途端に熱が冷めてしまうのは悪い癖。何枚か使って壁面を全部これで埋めてしまったら面白いのではないかと妄想している時が幸せ。もしも反応がよくて売れだしたりしたら、カードスタンドの検品が甘くなってしまいそうだなと独りにやけて、捕らぬ狸の皮算用・・・。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up