森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

野縁などの羽柄材として四国でも流通していたロシア産のカラマツですが、今から10年ほど前にロシア政府による伐採規制や関税の不条理ともいえる極端な引き上げなどもあり、富山の北洋材製材は急速に縮小することになりました。ロシアカラマツに限った事ではありませんが、人気を博していた木も手に入らなくなると市場はひと時の混乱はあるものの、すぐに代替材が現れて、しばらくすると何事もなかったかのように落ち着きを取り戻します。流通における「復元能力」は、元の材が嫉妬してしまうぐらいに逞しいのです。

北洋材の供給基地であった富山から物流、情報ともに遠く離れたいたこともあり、ロシアの関税引き上げの話は伝わっていたものの、それほど大した事にならないのではと高をくくったいた部分がありました。じわじわと単価が上がって、多少は供給量が減るのでは、ぐらいの楽観的な見通しでいたのですが、現実はロシア材製材工場がロシア材から全面撤退するという厳しいものでした。ロシア材の入荷がストップしても少しは市場にストックがあったものの、やがてその波紋は愛媛にまで伝わり、ひとつの樹種の「終焉」をはからずも体験することとなったのです。

その後、ロシアカラマツに代わる樹種が登場して市場は何事も無かったかのように落ち着きを取り戻したのは上述した通りですが、私にとっては大きな心配が残りました。【森のかけら】の『ロシアンラーチ』が入手出来なくなるのでは?!それでもわずか35㎜の角材の事ですから、4mの40×40㎜材が1本でもあればそれだけで100個ぐらいは取れますので、いくら何でもそれぐらいならどうにかなるかと思っていたのが甘かった!ロシア材から撤退した時にある程度まとめてもらっておけばよかったのですが、その時にはまだかけらのストックが多少あったので油断してしまいました。

それからしばらく経って、弊社のロシアンラーチのかけらが底を尽きそうになったので、富山に連絡してみると、北洋材基地からロシアカラマツはすっかり消えてしまったと!造作材や銘木的なモノであれば、入荷が途絶えたとしてもむしろ在庫として持っておく方が価値が高まるぐらいで、供給が減ったといってもあるところにはあるものなんです。ところがロシアのカラマツは、汎用性の高いいわゆる羽柄材(野縁など)であったため、あえてストックする意味もなく、むしろ品質が劣化しないうちに売り切ってしまえという事になったのだと思います。続く・・・




世界中のいろいろな木を見てみたい、触ってみたいという好奇心と端材を捨てるのがもったいないという思いで作り始めた森のかけら】。初期のパイロット版から数えるともう10年以上が経過しました。10年経って木材を取り巻く環境も大きく様変わりしました。もともとは100種で始まったかけらが240種になり、プレミア36まで作って、当初の野望に向かって着実に進んでいる一方で、昔は容易に手に入ったのに今ではなかなか手に入りづらくなっている木も沢山あります。この傾向は今後もますます強くなると思われます。新しい樹種を開拓する一方現状の木を確保することも重要になってきます。

もともと希少で一般的な流通ルートに乗っていない木というのは当然入手が難しく、更にワシントン条約などに新た加えられたりすると一層手に入れることが難しくなります。例えば『チューリップウッド』や『キングウッド』などがそうですが、しかしこういう希少性の高い高価な木は、あるところにはあったりするもの。専門性の高い材木屋仲間を頼れば、かけらサイズの端材ならどうにかなったりすることもあります。蛇の道は蛇というやつです。それよりもある意味でそれらよりも難しかったりするのが、決して希少性が高くなく廉価で汎用性の高かくよく見かけていた木

私の場合は、それがロシア産のカラマツ、いわゆる『ロシアンラーチ』です。私が最初にロシア産のカラマツに出会ったのは、フローリングとしてでした。中国産のメープルなどと共に、大手のフローリング専門商社が世界のさまざまな木を使ったフローリングを手広く扱い全国で販売を始めた頃に、年輪が詰まった高齢木のカラマツフローリングも人気を博しました。SNSが普及していない時代、どの地域にどういう特色がある木材があるのかもよく分かっていませんでしたが、木青連(日本木材青壮年団体連合会)の全国大会などに参加して徐々にそれが理解できるようになりました。

出向していた当時の会長が富山の方だった事もあり、何度か会議で富山にも行く機会があったので、当時は国内で『北洋材の基地』と呼ばれていた富山の製材の方たちとも親しくなり、北洋材の事についてもいろいろと教えていただきました。寒いロシアで育ち目の詰まった良質で安価な北洋材製品は全国を席巻し、愛媛でも多くのロシア製品が流通していました。なので、弊社にもごくありふれた光景としてロシアのカラマツ(野縁などの羽柄材)がありましたし、富山の仲間を通じて容易に入手することが出来ました。そんなロシアのカラマツでしたが、ある時にその環境が激変することが起こるのです。続く・・・

 




新しい元号が「令和」になり、間もなく『平成』の時代も終わろうとしています。思えば『昭和』から『平成』になった時は、大学4年生でした。その春に大学を卒業して平成元年に大五木材に入社しましたので、平成の歴史がそのまま私の今日までの社会人としての歴史と一致します。バブルに浮かれた大学時代を過ごし、あれから早や31年が過ぎました。あっという間の平成時代でした。あの頃は、まさかこんなひねくれた材木屋になろうとは・・・そして今日、4月3日に53歳になりました

平成時代の31年を経て、これから先、令和の元号の元でいつまで材木屋が続けられるか分かりませんが、激変する社会情勢の中でこうして細々とでも木の仕事を続けさせていただけるというのは本当にありがたいことだと感じています。先代の頃の昭和時代、私が引き継いだ平成時代、そしてこれからの令和時代で、大五木材の仕事内容は大きく様変わりしましたし、これからも変わっていくと思います。離れていった人もいれば、新しく繋がった人も沢山います。今の仕事が「材木屋」というカテゴリーには収まらないかもしれません。

若い頃は周囲の目や社員の反応ばかりが気になっていましたが、馬齢を重ねて鈍感になったせいか、図太くなったのか、もうそんな事も気にならなくなりました。試行錯誤の30年でしたが、その中で見えてきたものがあります。どうにか新しいスタイルも固まってきましたので、これからは『令和時代の大五木材色』を強く打ち出していきたいと思います。ところで、『』の漢字で思い浮かべる木と言えば『令法(リョウブ)』。既に木材関係の方がアップされているかもしれませんが、【森のかけら】にリストアップしている木としてスルーするわけにはいきません。

数年前にも愛媛の石鎚山に登った時に目にしてブログにも取り上げ、『今日のかけら』にも書きましたが、一般的に建築材に使われる木ではないのであまり馴染みが無いかもしれません。もしかしたら新元号の漢字が入っている木として、一躍脚光を浴びたりするかもしれません。理由はどうあれマイナーな木に光が当たるのは嬉しい事です。改めてもう一度『リョウブ』の紹介をしておきます。漢字で書くと『令法』と表わしますが、読み方は『リョウブ』。

もともとは「リョウボウ」と呼んでいたものが「リョウブ」と呼ばれるようになりました。名前の由来は、「律令国家末期のあたる平安時代の初期から中期にかけて、農民たちに対して田畑の面積を基準として、一定量のリョウブの植栽及び葉の採取と貯蔵とを命ずる官令が発せられるが、この官令(令法)がそのまま木の名前になった」ものだと、植物学者の深津正氏が書かれています。はるか平安時代に名付けられた木が1000年後に注目を浴びるかもしれない。そんな気の長い木の話を語り紡ぐのも令和時代の材木屋の大切な仕事です

 




神戸のホテルに就職して、明日から初出勤する娘のところに日帰り弾丸ツアー。家内とふたりで早朝に自宅を出発して深夜に私だけ帰宅。家内は娘のところに泊まって翌日電車で帰ってきました。今年は淡路島をまだまだ通る事になりそうです。私は昔からイビキが酷いのですが、そのせいか40歳を過ぎた頃から熟睡出することが来ず、昼間仕事をしていて不意に猛烈な睡魔に襲われることがありました。呼吸が止まって心配になるといわれるので、無呼吸症候群の気があるのだと思います。それで長距離の車の運転は控えるようにしていました。

しかし、娘のためとあらばそうも言ってはおられないので、安全運転するためにも安眠出来るようにダイエットを決意!こっそりと年末から実行していたのですが(といっても間食抜き、おかわり抜きというだけの緩いダイエット)、3ヶ月で見事6.5キロの減量に成功!この四半世紀、破られることがなく、もはや見る事もないだろうと諦めていた体重80キロの壁を破った時の感動といったら・・・涙。それから多少にアップダウンを繰り返しましたが、ようやく70キロ代で安定するようになってきました。本格的70キロ時代の到来!

えらいもので、痩せたら夜もしっかり眠れるようになって、体調もすこぶる良くなりました。あれだけ悩まされた昼間の強烈な睡魔を感じる事もほとんど無くなり、長時間の運転でも心配が無くなりました。そういう事もあって、神戸に何度も車で行くようになったのですが、長女が神戸に就職して、車で行かなければならないという必要に迫られた(家族の命を守るための必死の決意だ)からこそ出来たダイエットなわけで、ある意味娘のお陰だと内心感謝しているのです。これまで何度も挑戦しては頓挫したダイエットでしたが、真に必要が差し迫れば人間変われるものだと実感!

ダイエットだけでなくて何事もギリギリまで動き出さない野良なタイプで、学校の試験でもそうでしたが、本当に時間がなくなってこのままだと本当にやばい事になるという危機感が差し迫らないと慌てない性格で、今までにやらかしてきたことも沢山ありました。それでも懲りない性分で、今こうして元気でいられるという妙な安堵感が決意を鈍らせてきました。そんな私が(今のところ)ダイエットが順調なのは、ある種の天啓ではなかろうかと、勝手に解釈。よし、今なら出来そうな気がする!溜めていたあれこれ、今ならやれる気がする(今しかやれないとも言う)!

 




奇跡の星の植物園』の企画展示の案内板にも「徳川家斉は妾16人、子どもが53人もいて道楽を尽くしたといわれ。側近に政治を任せて趣味の世界に生きた道楽将軍として知られ」と、さんざんな書かれようで笑ってしまいましたが、続きに「しかし園芸的にこのひとの存在は重要です。(中略)フウランを富貴蘭と名付けたのも家斉。」と、あるように蘭が家斉によって厚く庇護されたことが記されています。よく銘木の事を金持ちの贅沢なんて言う人もいますが、趣味嗜好として本物を愛でる層が存在しなければ成立しないモノは世の中に沢山あって、それが贅沢か道楽なのかはそのひとの価値観

自分で稼いだ金で自分が好きなモノに金を費やすことに何の問題もありません。本物(無垢)を愛でるひとたちがいてくれてこそ成立するのが木の世界。ただし、高いモノが必ずしも良いものというわけではなくて、安いものの中にも味わいやら風情という趣を楽しめるのが「銘木」の世界だと私は考えています。そのためにもいろいろな木を知ってもらう事が大切で、その中で自分の趣味嗜好に合ったものを探してもらえばいいと思っています。そういう意味で現代にも家斉みたいなパトロンが居てくれたら嬉しいのですが、今は妬み嫉みですぐに足を引っ張る輩ばかり・・・。

現代の家斉を探すよりも、将来の家斉を育てる事の方が大切だと感じています。そういう意味での種蒔きの重要性は強く感じていて、昔ならどこの木材の展示会に行っても、木に対して一家言ある常連のお爺さんとかがいて、木に詳しくない若手の営業マンだと、それは違う、そんな事も知らんのかと叱責され、逆に解説してもらうなんて光景も珍しくありませんでした。私も若い頃はそんな人の姿を見たら怒られるのが嫌でそっと物陰に隠れたりしたものですが、結局見つかって毎年同じ自慢話や木の話を聞かされたのも懐かしい思い出です。

いまにして思えば、そうして実戦で鍛えられ、趣味嗜好の道楽だからこそ真剣にならねばならないという感覚を養わせてくれたと感謝しています。最近はそんなプチ家斉のような人を見かけなくなりました。木の情報が素早く正確にSNSで手に入るという事も影響していると思っています。昔は口伝の世界なんで、経験のあるベテラン、年寄りのいう事が正しい、そこにしか情報源が無いという世界だったので、話はかなり盛られていたとしても傾聴に値するものであったし、その言葉に重みも深みもありました。またそうやってその人のキャラクターも作り上げられていたと思います。

銘木の世界って、そんなひと癖もふた癖もあるような偏屈爺たちが、ああでもないこうでもないと木をひねくり回し、上下斜めいろいろなところから観て講釈をつけて価値を創り上げてきた世界です。当時はそれが、いつまでも堂々巡りで結論の出ない辛気臭い世界だと感じたこともありました。今、業界の若い人にとっては私がそんな話がやたら長くて面倒くさい偏屈爺なのかもしれません。しかし自分の代ですべて終わっていいのであれば構わないが、そうでなければ誰かが将来の家斉を育てなければ銘木の世界に明日は無い!材木人よ、現代の家斉を育てよう

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up