森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日の続きで、永らくの間アンタッチャブルだった倉庫の奥(妄想の禁猟区)から、埃をかぶって出てきたもの第二弾。これって一応、ロングセールとも連動させているつもりなので、少しでも興味を抱いてくださった方がいらしたら是非、会社の方に実物をご覧になりに来られて下さい。実は今から25年ぐらい前(それからおよそ10年間ぐらい)、大五木材の売上の大きな幹のひとつは『集成材』でした。私は「集成材繁栄期」と勝手に呼んでいますが、集成材メーカーと組んで、オーダーメイドの造作材を作っていました。

地元の有力なハウスメーカーからの注文で、オリジナル仕様の集成の造作材を手掛けたことがきっかけとなりました。まだまだ地方にはバブルの余韻も残っていて、住宅着工も旺盛だったので、注文して作っていたので間に合わなくなってきたので、仕様形状を決めてリスト化して、1本ごとにナンバーを印字して箱に入れてある程度のボリュームで弊社が在庫するようになったのです。当時この辺りに流通していた集成材の単板の厚みは、0.3~0.5㎜程度でしたが、そのオリジナルは1.0㎜厚の高価な特注仕様品でした。

基本的に使っていた柱が4寸(およそ120㎜)だったので、すべてそれに合わせて4寸仕様の特注品でした。後々、そのことが「つぶしが効かない」という悲劇を迎える事になるのですが、当時は毎週トラック1車分が入荷するほどに注文が旺盛で、永遠にこの流れが続くような気持になっていました。そのハウスメーカーでは、二間続きの和室がほぼ100%近く設計されていたので、欄間鴨居・敷居をはじめ、3枚引違の建具仕様の鴨居・敷居など特別なサイズで、値段も相応に高いモノがリストにズラリと並んでいました。

50坪を越えるような大きな家も珍しくなくて、そういう家だと集成材だけで100万円を越える事も珍しくありませんでした。そのためそれなりに在庫も必要だったのですが、かつて地上の王であった恐竜が簡単に滅んだように、そんな栄華も永久のものではなかったのです。そのハウスメーカーが倒産!あれほど利益を生み出してくれたオリジナル仕様の高級集成材は主を失くして無用の長物となってしまったのです。4寸の特殊サイズというのが仇となり汎用性が低く、他には売れずにそれから永い永い眠りについたのです。

あれからもう10数年が経ってようやく落ち着いて当時の事を振り返られるようになりました。愛媛ではその頃に地元の中堅住宅会社の倒産が相次いで起こり、一時期誰に売ればいいのか、どこが安全なのかという不安感が漂っていました。私自身、入社以来最大の貸し倒れを経験し本当に青ざめました。まだ当時は親父も元気で、社員の協力もあってどうにか耐える事が出来たものの、人間不信にも陥りました。そんな哀しい記憶の集成材など処分してしまえとも言われたものの、彼らに罪はない。どうにか生かせる場所を探してやりたい・・・。




現在、年末までのロングセールを行っていますが、それに合わせて倉庫の奥で眠っていた材を引っ張り出したりと、倉庫の大規模整理も兼ねています。倉庫の奥の奥にあるような材は出すとなると、まずは手前のモノを片づけなければならないのですが、狭い倉庫に重なり合うように置いてあるため、そこに手をつけようと思うとえらいことになりそうなので、これをどこかに移動させるぐらいなら、売ってしまった方がいい!だったらそれが売れてから奥のモノを動かせばいい、などという都合のいい妄想で心をだましてきました。

しかしそれも限界という事で、思い切って手つかずだったエリア(縦横無尽に木材が重なりあっているので、フォークリフトが使えず、すべてが手作業・・・。こういう時、自分の妄想の中では禁猟区に足を踏み入れたハンター!をイメージして心を奮い立たせているのです。そしたら、昔見たことがあったであろう懐かしのモノたちが出るわ出るわ!出たついでに特価で販売しております。いろいろな「時代に乗り遅れてしまった遺物」のようなモノも出て来ているのですが、このタモの積層親柱もそんなモノのひとつ。

いや、もしかしたら私が知らないだけで、まだまだこういうタイプの親柱も現役でご活躍なのかもしれませんが。この数年、私が訪れた現場では見た記憶がありません。にもかかわらず親しみを感じるのは、20数年前に建てた自宅でガッツリ使っていて、毎日見ているから。昔はウレタン塗装にも何の抵抗も感じていませんでしたし、デザイナーズ住宅とは無縁だったので、階段の親柱といえばこういうモノぐらいの認識でしたので、こういうモノを普通に受け入れて普通に売っていました。そんな時代の名残です。

経緯はまったく覚えていないのですが、大目に注文してしまったのか、キャンセルをくらったのか何かしらの理由で在庫になってしまったのだと思います。しっかり段ボールに入っていたので、ほぼ新品同様。軽微なかすり傷が数か所あるぐらいで使用に問題はありません。この頃はまだタモとナラの違いもよく分かっていませんでした。当時はなんでもかんでもタモ、広葉樹といえばタモといわれるぐらいにタモ全盛時代でしたが、まさか後々タモが高騰して簡単には手に入りづらなくなる時代が到来しようとは・・・。このタモ積層親柱はオンラインショップにて(アウトレット)販売しています




240種に及ぶような多樹種を扱っていてもっとも大切な事は何だと思われますか?それは、木が混ざらないようにするという事。もうこれに尽きます!プロのくせに樹種の見分けもつかないのかと呆れられるかもしれませんが、あくまでも私の場合。もう胸を張って言ってもいいぐらい(?)なんですが、見分けつきません!そりゃあ、スギヒノキサクラブナなんてメジャーな木ぐらいは見分けつきますが、【森のかけら】240種の中にはほとんど情報も知見もないようなマニアックな木がいくつもあります。

東南アジア圏やアフリカなどのマイナーは木になると、どうにか手にして数枚の木と専門書のわずかな情報だけが頼りで、仕入れ先の言葉を信じるしかないものだってあります。フタバガキ科なんてどれもこれも似たり寄ったりで、小さくなればなるほど見分けるポイントも少なくなって見極めるのは困難を極めます。仕入れる時はそこそこの大きさの板やら角材で購入するため、それなりに木目や木柄、色合い、重さなど特徴も分かるのですが、問題はそれを製材して割り返して小さくなってしまった場合。

【森のかけら】は35㎜角なので、およそ40~45㎜角の荒材で保管するのですが、そうなってしまった時が一番注意が必要なのです。一度に数十種類の木を製材するので、ここで名前をつけ忘れたりしたら大変な事になります。木に名前を書く場合に一般的に使われるのが、この『木材チョーク』。いろいろなメーカーが生産していますが、弊社では昔からこの寺西化学工業㈱のマーキングチョークを使っています。かなり使い込んでいますが・・・。油性タイプで濡れても消えずに折れにくい、材木屋の必需品

と、普通であればこの木材チョークで名前を書くのですが、【森のかけら】の場合は保管スペースの関係もあって、40~45㎜角に荒加工した角材を棚に積み上げていくため、平面ではなくて小口に書かないといけないのですが、木材チョークだと細かな文字が書きにくいので、仕方なく油性のマジックで書くことになります。経験したことのある人なら分かると思いますが、埃や木粉も付着していてガサガサで凸凹した木の小口に文字を書くというのはかなりストレスの溜まる作業なのです

マジックの先端にも木粉とかが付着してすぐに書きにくくなります。なので、うちでは一端小口をカットして滑らかにしてから名前を書くようにしています。そうやって名前を書くのですが、一度に沢山の種類の名前を何度も何度も書いていると、ゲシュタルト崩壊を起こして、これって漢字として合ってるのか分からなくなること多数。木編の名前がつく樹の場合が多いのですが、例えば「」とか「」、「」、「」など。あるいは「」と「」が混同したり。名前をつけたものの判読不可能という「今そこにある危機」!




四国電力さんの広報誌『ライト&ライフ』から転じて、宮崎の『霧島アカマツ』の話の続きです。若い頃、木材の地域名に対して深く考えたりしていなかったので、言われるがままに記号としてインプットしていたので、その名前の背景や由来に関心もありませんでした。なので宮崎から入ってくるマツは『霧島アカマツ』というのだと漠然と考えていました。後年になってその宮崎の銘木屋さんの所に行くことになって、初めてその名前の由来とかを聞いて、初めてそういう事だったのかと気がつきました。

銘木屋さんが扱っていたため必然と目の込んだ高齢木で木目の面白いモノが多かったため、霧島アカマツって質のいいものがあるなあと思っていたら、その銘木屋さんによると、もともとは霧島連山周辺の山から産出されるアカマツの中でも特に良質で樹齢が200年ぐらい経たようなモノを『霧島アカマツ』と称して銘木扱いしていたものだったそうです。そこまでの品質ではないモノは、日向松として分類されていたらしいのですが、商圏が広がるにつれその区別が曖昧になっていったという事のようでした。

まあ木の世界ではよくある話で、もともと口伝で語り継がれる世界なので、遠くに行けば行くほど話に尾ひれ背ひれがついたり、話が盛られたり、混乱するもの。その話自体もどこまでがどうなのかはっきりとは分かりませんが、そういった分類のようです。そう聞いてから在庫の『霧島アカマツ』を見直して見れば、確かに銘木と思わせる雅趣に溢れた杢のモノも多いのですが、中にはとても銘木とは呼べないような目の粗いモノも混ざっていたり。そういえば、銘木屋さんも「霧島の松」と言ってたような(笑)

さて、今NHKの大河ドラマ『西郷どん』は佳境を迎えておりますが、その薩摩藩士たちが宝暦治水工事の際に地元から苗を持ってきて、油島締切提(岐阜県)に植えたのが『千本松原の日向松』。徳川家重の時代、力を持っていた島津藩の勢力を削ぐために、大洪水で被害の出た堤防工事を島津藩に普請させます。当時40万両とも言われた巨額の資金をさせられた薩摩藩の藩政は逼迫し、堤に植える松の苗を購入する資金にも事欠き、仕方なく地元から持ってこようと片道25日をかけて薩摩に戻ることとなったのです。

長い船旅を終えてようやく日向まで戻ってきた一向は、島津藩とは親戚筋に当たる佐土原藩の国家老の屋敷に泊めてもらうことになります。事情を知った佐土原藩家老は事情を知ると家来たちに命じて日向に自生していた苗を採取させて船で届けたのです。届いた日向松の苗を薩摩藩士たちは泣きながら植林しました。その後、日向松は立派に成長し、『千本松原』として美しい景観を作り出しているのです。その一方で治水史上最大ともいわれた宝暦の治水工事は困難を極め、巨額の資金を費やし、多くの犠牲を出したことから、指揮を執った薩摩藩家老・平田靱負は自刃するのです。

平田靱負(ひらたゆきえ)は、次のような辞世の句を残しています。「住みなれし里も今更名残にて立ちぞわづらふ美濃の大牧」。その無念いかばかりであったか・・・。男気溢れる薩摩藩士たちの奮闘と生き様を描いた『薩摩義士伝』(平田広史著)は涙なしには読めません。近年多発する自然災害によりインフラが大きな被害を受けていますが、その陰で全力を尽くして復旧に励んでいただいているのが四国電力さん。『ライト&ライフ』の取材から大きく迂回しましたが、ここにきて奇跡的に話が繋がりました。これぞ『力技と引き寄せのかけらの法則』!(笑)




四国電力さんが毎月発行されている広報誌『ライト&ライフ』に弊社が取り上げていただくことになり、取材していただきました。『ライト&ライフ』とは、「弊社の事業について皆さまにご理解を深めていただくとともに、四国の歴史や文化、伝統産業、さらに地域の新しい取り組みなどをテーマにご紹介するもので、毎月発行しております。」という趣旨で四国の様々なヒトやモノを幅広くフィーチャーされています。という事で、そのふり幅の広さから11月号は『木の魅力、再発見』というテーマで弊社に声をかけていただいたのですが、材木屋としては王道を踏み外しているうちのような会社が果たしてふさわしいのか?!

いやいや、王道を踏み外しけもの道を這うような会社だからこそむしろ目立ったともいえるわけで、世の中万事塞翁が馬。広報誌といっても天下の四国電力さんですからその発行部数も半端ではありません。是非この機会に王道ではない邪道スタイルの材木屋も息をしている事を伝えねば~!といつも以上に張り切って取材に臨みました。取材していただいたのはフリーライターの波多野恵理さん。この波多野さんが本当に聞き上手で、最初はしおらしく閉じていた私の『天国の門』がいつの間にか開門されていたのです!

自分は田舎の出身で今でも訛りが抜けませんが(今ではそれを武器ともしてます)、その分他人のイントネーションにも敏感で、そういう方にはどこの出身なのか訊きたくなります。若い頃からいろいろな木を訪ねて全国各地を巡ったお陰で、いろいろな地域のつながりが生まれて、その地域に関わりのある木や建物の話で接点を作る事が出来るようになったのもけもの道に生きる材木屋ならではの特技!波多野さんは宮崎県のご出身という事でしたが、宮崎には縁があるので馴染みのある宮崎弁がとても耳に心地いい。

波多野さんは宮崎県東臼杵郡のご出身という事でしたが、臼杵といえばお隣は日向(ひゅうが。日向には『日向松』が有名です。恐らく全国的にはこの日向松の名前の方が知名度があると思うのですが、愛媛というか私の周辺では『霧島アカマツ』あるいは『霧島松』の名前で呼ばれていました。宮崎から銘木屋さんが愛媛に持ち込んできた流れから、霧島アカマツの名前が定着したのだと思います。霧島アカマツについては以前にも書きましたが、この機会に改めてもう一度ご紹介させていただきます。明日に続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up