森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

とにかく行列に並ぶのが大嫌いで、スーパーで数人のレジに並ぶのすら避けて、列がなくなるまで用も無いのに店内を回るぐらいの私なのですが、二階へと続く廻り階段の下にまで伸びている列に並ぶことを躊躇しなかったのは、この店の内装に興味が湧いたから。並んでじっくりと観察したくなるほどとにかくこの空間に圧倒されたのです。私たちが順番を待っている間にも次から次へと絶え間なくひとが流れ込んで来て、1階にありバームクーヘンの売り場は大混雑。普通ならこの人混みに辟易するところですが、なぜかじっと待てる。

なぜなら待っている間に見える光景がこんなだから。一体なんなのだろう、この店は?!恐らく溢れるほどの店内で、この店の正体を知らないのは私独りだけじゃないのかしらと不安になるほど、入って来る人は皆笑顔でこの空間に驚く様子もなく、当たり前のように行列に吸い込まれていきます。娘たちもしっかり「予習」をしていたみたいで、「そうそう、こういう感じ」とこの空間を確認している感じでしたが、そんな中で私だけがおのぼりさんのようにキョロキョロと挙動不審。「お父さん、恥ずかしいからあまりウロウロしないで」と娘に注意されるします。そんな事をしていたらカフェの列も少しずつ進んで、廻り階段から2階のフロア―へ。斬新奇抜な天井に目を奪われていて気づかなかったのですが、フローリングに立っていると妙な違和感が・・・

なんだか床の雰囲気がやわらかい・・・少し明るくなったことろでよく観察してみると、床に貼られているのは栗ではないですか!しかも乱幅で!よく見れば、2階のフロア―すべてのが『』!しかもそのカフェの柱も枠もテーブルの天板もすべて栗!え~っ、なにっ、この栗づくし!なお、まだこの時点でも誰の設計なのか分からず。もう栗に気づいてからは、バームクーヘンどころではなく、床やら造作やらテーブルをジロジロ。普通に座って食べてるけど、あなたらこれ全部栗って知ってるの?凄い事なんやで~と要らぬお世話(←知らんかったのきっと私だけ、汗)

とにかくここはバームクーヘンが美味しいからという事で、娘たちに促され私も皆と同じバームクーヘンのセットを注文。料理が運ばれてくる間もいろいろなところが気になるのですが、さすがにお客さんの方にカメラを向けるわけにもいかず、何気なく窓の方を見ていたら、そこには更に広大な敷地があって池のようなものが見えるではありませんか!何なに、一体どういうこと、これも全部この店のモノなの?!そこでようやく携帯で『ラ・コリーナ近江八幡』を検索。そこでようやく(私だけが知らなかった)驚愕の事実を知ることになるのです。続く・・・




新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になります。本年も何卒よろしくお願い致します。いつもは私と家内の共通の故郷である西予市野村町に帰省して、そこで年を越して野村で初日の出を迎えるのが常でしたが、今年の初日の出は淡路島で迎える事に。今年成人式を迎える長女の就職が決まり、いよいよ今年の春には我が家を離れる事になります。今まで私と家内と長女と双子(次女と長男)の5人で過ごしてきましたが、今年は我が家にとっても大きな節目の年となります。双子も来年は大学受験の年となり、今まで当たり前のように迎えた正月の初日の出も感慨ひとしお。

こういう節目を迎えると、改めて今の自分の年齢と、これから先出来ること、出来る時間などについて考えさせられます。幸いにも私も家族も、そして会社の社員も皆健康ではいますが、皆確実に一年ずつ年を重ねています。業界の中では50歳代なんてまだまだ若いなんて言われますが、古い体質の業界と心中する気はサラサラないので、業界がどうこうは関係がありません。残された時間の中で自分が取り組むべきこと、自分だからこそ出来る事、自分にしか出来ない事を見つけ出し、それをやり尽くす。今まで漠然と描いてきたことが、この歳になって、この歳になったからこそはっきりと輪郭が見えてくるようになりました。それが速いか遅いかなんていうのは個人差の問題だと思います。

要は生きているうちにやり遂げるかやらないまま終わるか。この身近な旅の中でも大きな刺激を受けました。それについてはおいおいこのブログでもご紹介させていただきますが、見方を変えれば今まで決してこれを変えてはいけないと思っていたものが、実は案外自分の思い込みで実体以上に勝手に重く感じただけで、出来るはずがないと思っていたものが、実際やってみれば思っている以上に簡単で反動もなかったりと、頭で考えすぎて臆病になりすぎていたと反省する事の多い一年でした。もしも失敗したとて、大した荷物も背負っていないのですから怪我も小さなもの。

どちらにしたって確実に時間は過ぎていきます。悩んでやらずに終わるよりは、やってみて後から失敗だったと笑えるほうがましだと思います。というつもりで、今年は猪突猛進でいろいろな『木の仕事、木で出来る仕事』に挑んで行きたいと思います。さて、今年の干支は猪ですが、こちらの『ブタマジロ』、ブタとアルマジロが合体して生まれたのですが、どことなくイノシシの要素もありそうなので、大五木材では今年の干支認定!今年もこういうこじつけや力技を使いながら、楽しく木の物語を紡いでいければと思っています。今年も一年、どうそよろしくお願いいたします!

BUTAMAJIRO(ブタマジロ)は、オンラインショップで販売中!
親と子のセットで揃えると今年いいことがあるかも?!
親 ¥3,500  子 ¥3,000 消費税・送料別途




しかもこれだけではなくて、そのお宅では他にもふんだんに木材を使っていただきました。こちらはホームバーのカウンターに使っていただいた耳付きのブラック・ウォールナット。どこかのお店ではありません、個人のお宅です。むしろ今時店舗でもこういう無垢の木をカウンターに使ってくれるところが少ないくらいです。恰好いい~!私の人生の設計図でも50歳ぐらいになれば、自宅にこんな空間を作って日曜日ともなれば優雅にウィスキーグラスを傾けながら・・・どこかで計画が狂ってしまいました。

さきほどのブラック・ウォールナットの一枚板のテーブルの奥にこのバーカウンターがあるので、感覚的にこの板があまり大きく感じないかもしれませんが、これとて幅は500㎜サイズ。両耳付きをうまく留め加工してくれたのは、ウッドワークかずとさんの技術。やっぱりこういう空間にはウォールナットがよく似合います。こうやって美しく仕上がった状態を見ると、倉庫の中で埃をかぶって、来るべきその時をじっと耐えて待ち構えていたんだろうと申し訳ない気持ちになります。

更にこのウォールナットの奥にはもう一段低いカウンターがあって、それはブビンガの一枚板。いつもは端材の端材で勝負している、みみっちさが売りの材木屋ですが、年に何度かはこういう豪奢な木の使い方をしていただける現場に巡り合わせていただけます。しかしこういうご縁が成立するのも、そういう材を持ち合わせていたからこそ。長期間在庫している間は、いつ売れるのだろうと不安になる事ばかりですが、本当にいいモノって待っていれば木が人を呼んできてくれる。

そうとでも信じていなければ材木屋なんてやってられません(笑)。こういう出会いがあるからこそ、しかるべき時のためにすぐに使える在庫を持っておこうと思うのです(懲りない・・・)。楽しみは先の方が大きくなると誰かが言いましたが、また来るべきの出会いを信じて、大きなサイズの耳付きの一枚板を仕入れに行こうと思います。次はさすがに15年後なんて悠長な事は言ってられませんが。止めてしまわない限り、心あらばきっといつかどこかで巡り合いはあるはず、と己に今日も言い聞かす




あまりの大きさに私のカメラではうまく収まり切らず、その迫力や醍醐味が十分に伝わり切らないのが残念ですが、お施主さんはご満足いただけました。当初の思惑よりもかなり大きなテーブルになったものの、実際に収めてみればちょうどいい感じになって、バランス的にもこのブラック・ウォールナットの板を待ち構えていたかのような空間となりました。仕上がりの感じも私なりのイメージはしていましたが、木目の味わいという、フォルムの美しさといい自分史上最高の一枚!

売れたとなったらなったで、もう二度とあんあ木に出会えないのではなかろうか、果たして勢いで売ってしまったが本当によかったんだろうかと数日は自問自答しましたが(なんという未練たらしさ!)、こうして綺麗に仕上がって収まるべきところに収まった様子を見るとそんな思いが恥ずかしくなります。自分で言うのもなんですが(自分が言わないと誰も言ってくれないので)、材木屋らしい仕事をさせていただきました。よくぞこういうご縁に巡り合ったものだと感謝感激です。

売れたから言うものの、さすがにこれだけのサイズでこの値段だとこのあたりでは難しいので、関東とかに持って行こうかしらと少し悩んでいました。この材からすれば妥当(というか自分ではかなりお安く値付けしていたつもり)な値段を付けていましたが、大きなサイズとなるととにかく安価なモノを求める傾向が強かったので、この木の価値を分かっていただける人との巡り合わせっていつか来るのだろうかと不安にはなっていました。その時点で15年ご縁がなかったので・・・

 しかし、縁というのは不思議なモノです。実はその時、積水ハウスさんからお声がかかった時に、希望されていたのはもっと小さなサイズだったので、このブラック・ウォールナットは含まれていませんでした。しかもその時に倉庫のかなり奥にあったので、引っ張り出すのも大変だったのですが、何かに突き動かされるように私はフォークリフトのハンドルを握り、気がつけば目の前にこの板が!そしてご来店され、本来の希望サイズでもなかったこの板に目が留まり、結果こういう事になりました。しかも・・・




昨日に続いて木材を納品させていただいた『SEA FOOD HUT MATSUYAMA 』のプレオープンの試飲会のお話。白い紙の上にサーブされた食材にひるんだものの勇気を出して手を出してみればコクのある濃厚スープがからまって甘辛でとても美味。最初こそ譲り合っていたおっさん連中もそのうちに抵抗感が薄れて、自発的に手が出るようになっていきました。若い人やカップルだと軽いアトラクション感もあって楽しめるのだと思うのですが、50も過ぎたおっさんたちにはなかなか初期ハードルが高いスタイルでした。

こういう事も経験ですのでご興味のある方は是非一度チャレンジしてみて下さい。東京あたりではかなり流行っているとの事なので、もしかしたら今後はこういうスタイルの店が流行ってくるのかも?住宅も時代に合わせて変わっていってますが、飲食店の移り変わりも激しい。世の中、何が当たるか分かりません。ところで、このお店のどの部分に関わらせていただいたのかというと、今回はいつものようにテーブルやカウンターではなくて、下地材とベンチの材料です。

ベンチに使うのでこれこれこういうサイズが欲しいと注文が入った時には今ひとつ使い方が分からなかったのですが、完成してみて納得。スギの節の少ない「いいところ」を加工して面取り仕上げ。Rの下地に沿わせてベンチに仕上げられました。結構な数が必要だったのですが、スギの化粧材って最近すっかり出番が減っていて、どうしようかしらと考えあぐんでいたところにありがたいピンポイントのご注文でした。こういうのも乾燥した在庫あればこそ対応できるというもの。

最近は、以前に入居していた店の内装や厨房機器、空調設備、什器などの設備をそのまま利用する『居抜き』の現場も増えていて、新規店舗だからといっても常に木材の出番があるわけではありません。たまたまお付き合いのある『すずかけ商会』さんをはじめとする店舗屋さんが、木が好きな人が多いので弊社の出番もあるだけ。木をたっぷり使ったお店が繁盛してもらってこそ、巡り巡って我々にも仕事が来る。木を売るだけではなく、木の店のお客になるという事も大切な仕事なのです!という事でまたお酒も飲みにいかねば。ご繁盛祈念しております。

SEA FOOD HUT MATSUYAMA

定休日   :月~日・祝前日・祝日




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Scroll Up