森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20101206 日曜午前10時のひそかな愉しみ①このところ何かと慌しくて、大好きな映画もお預けになっていたのですが、これは今観とかないと今後映画館で観る可能性がなくなると思い、先週の日曜日に無理繰り映画館に出掛けました。その映画は、『午前10時の映画祭』と銘打たれて、1週間限定の往年の名作を全国規模でリレー上映する企画があるのですが、その中の1本、サム・ペキンパー監督1969年日本公開の傑作西部劇「ワイルドバンチ」(THE WILD BUNCH)なのです!上映リストを見た時から、もう絶対これだけはどうしても観ると心に決めておりました。

20101206 日曜午前10時のひそかな愉しみ②この『午前10時の映画祭』という企画の「一度、スクリーンで見たかった。もう一度スクリーンで見たかった・・・何度見てもすごい50本」というキャッチコピーが憎すぎます!戦後の名作ベスト100などに選ばれるような名作;傑作はかなり観ている方だと思いますが、当然ながら古い映画はリアルタイムで映画館では観ていません。昔は名画座で結構昔の映画もリバイバル上映していたものですが、最近ほとんど見かけなくなった名画のリバイバル上映は本当にありがたいです!まさにコピー通りの心境。

20101206 日曜午前10時のひそかな愉しみ③ズラリと並んだ名画のどれにも食指が動くのですが、さすがに仕事を放り出して平日の10時に映画館の座席を温めるだけの度胸はありません。1週間限定とういう事なので、日曜日の10時だけが私に与えられたワンチャンスとなるのです。ほとんどの勤め人の方も土曜日があるかないかの違いぐらいでしょう。けれど考えてみれば、ダラダラとロングランされてもありがたみが薄れそうなので、行けそうで行けないけど、無理すれば何とかぐらいの方がありがたみも増すというものでしょう。

 

20090611 プレミアム36とはいえ、毎週は無理なので「どうしても観る映画」を絞り込まねばなりません。これは実に辛い作業でした。あちらを取ればこちらが取れず・・・一人悩んで苦しんだり悦に入ったりと。ちょっと暇だから映画でも行こうか、などというものではない「覚悟」が・・・大袈裟すぎますが、それぐらいの気持ちです。この企画、あまりに好評だということで、第2回も決定してそのラインアップも発表されているのですが、魅力的過ぎる作品群!まさに【プレミアム】な顔ぶれです。

 

20101206 日曜午前10時のひそかな愉しみ⑤第一回が、誰でも画知っている往年の名作大作とするのならば、第2回はニューアメリカシネマから小粒でもピリッと風味の効いたB級傑作・問題作まで振り幅が広く、私のストライクゾーンのど真ん中!「アメリカン・グラフィティ」、「エイリアン」、「卒業」、「タクシードライバー」、「ディア・ハンター」、「真夜中のカーボーイ」、さらに珠玉の傑作「ミツバチのささやき」、そして何と「ヤング・ゼネレーション」(!)、更に更に「ロンゲスト・ヤード」や「ブラックサンデー」まであるという贅沢な男くさい顔ぶれ!選び切れません!これだけでも全部観たいっ!

20101206 日曜午前10時のひそかな愉しみ⑥もしかしたら2月からは(第二回午前10時の映画祭開幕)、平日10時から昼頃まで携帯電話が繋がりにくくなる事があるかもしれませんが・・・。さて、それはそうと「ワイルドバンチ」の事を書きたかったのですが、前口上があまりに長くなり過ぎてしまいました。その感動については明日詳しく触れる事にしますが、お金を払って喜ばれ仕事ってやっぱり素晴らしいと思います。私の商売の理想は、家造りにおいても、素晴らしい映画を上映してくれた映画館のような役割ですが、ただ問題は名作が誰にとっても名作ではなく、銘木が誰にとっても銘木ではない事。だからこそ仕事も名画も、そして人生も先が読めずに面白いのかもしれませんが。それでは、明日改めてペキンパー渾身の一作「ワイルドバンチ」の魅力について語らせていただきます!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up