森のかけら | 大五木材

今年の改正祝日法で新設された「山の日」は、木に関する会社は何をしていたのかという事が、あたかも踏み絵のごとく問われた日となりましたが、私は家族と共に西日本最高峰を誇る石鎚山(標高1,982m)にいました。石鎚登山ロープウェイ株式会社さんお招きで、石鎚山のピクニック園地にて木育イベントを開催させていただいていたのです。昨年の同時期に初めてイベントをさせていただいてから、もう何度目かも分からなくなるほど頻繁にお邪魔させていただいています。

 

お陰で石鎚山系の春夏秋の雄大で美しい風景を堪能させてもらいました。イベントそのものは、家内がメインなのですが、私にとってはイベントの合間を縫って、石鎚の高山植物や貴重な木々の姿をカメラに収めることが出来る楽しみもあります。お陰で通常木材市場では見かけることのないような木の立ち木や葉の写真をたっぷりと撮影することが出来ました。【森のかけら240】のリストに含まれている木については、いずれすべて『今日のかけら』で個別に紹介させていただく予定です。

 

今回はロープウェイの成就社駅から少し下がったところにあるピクニック園地がイベント会場です。木々の撮影は出来ませんが、登山目的ではなくて親子連れで純粋にイベントを楽しむために来られる人が多いので集客は見込めます。朝7時過ぎに自宅を出た時点で既に車外の温度は30℃近く。太陽に近い場所でのイベントだけに紫外線が脅威なのですが、山に向かって走るごとに温度は少しづつ下がり、駐車場に到着した時点で25℃。ほとんど雲も無い絶好のイベント日和。

 

9時頃に到着したのですが、既に麓の駐車場は満車状態。天気がいい事もあって、ロープウェイにも長蛇の列が出来ていました。山の日の翌日を休めば長期連休が取れるという事もあって、県外からの登山客も大勢いらしていて、ロープウェイの中でも各地の方言が飛び交います。石鎚山の弊社の木育イベントだけでなく、いろいろな催しが予定されていて、家族連れ以外にもグループなどが続々とお山に登って来られます。まあなんと健康的な意思がここに集まって来ることか、さすがは霊山!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up