森のかけら | 大五木材

20160608 2旅は予定を組んでいる時が一番楽しいといいますが、さすがに行きたい場所の希望を全部詰め込んでいたら1週間ぐらいは北信越に滞在しないといけないので、ここから断腸の思いで絞り込みをしていかねばなりません。木青協会員の現役時代も、会場の近いところや道中で寄れるところはないかと、毎回悩んで行程を組んでいたものです。そしたら当然1泊2日ぐらいでは収まりきれないことになって、大会2、3日前から出発することもあったのですが、それこそが全国大会の楽しみでした。

 

20160608 1そういう機会でもないと、遠方の地へ出かけるのも難しいのと、時間に制約があるからこそ短い時間でも真剣になれるというもの。木青協には足掛け20年在籍させていただきましたが、そのうち後半の10年ぐらいはかなり自由に全国に足を延ばしました。その甲斐あって、現在の商売に繋がっているところもありますし、その時に経験したことや情報・知識が血となり肉となって今の私を形成しています。逆に言えば、会員でなければそういう機会がなかったわけで、それはかなり恐ろしい事。

 

20160608 3とりあえず希望する行先などを村本さんにお伝えすると、無謀なので絞り込めとご助言をいただき、ルートと移動時間を念頭に行程を組み立てます。あまりせっかちに移動して、観光ツアーみたいになっても仕方がないのですが、その場に行ってそこの空気を肺に入れること、自分の足で歩いて、自分の目でみてくることは大事。しかし冷静になっていろいろ考えた結果、松山から金沢に行くのに、時間を優先するならば飛行機+サンダーバードということなのですが、昼間の移動はもったいない。

 

ということで、大会の前々日の夕方に松山を発って、サンダーバードの最終便(夜中の11時頃)で金沢に入っておいて、翌日の朝から全力で行動することにしました。ということで、いろいろな思いを巡らしていざ北信越へ~!到着したのが深夜ですので、駅前にはそのサンダーバードに乗っていた人がパラパラいる程度。泊まったホテルが、金沢一の繁華街・片町だったので、タクシーでホテルに移動する間にも車窓から誘惑があったものの、明日に控えてその日はおとなしく就寝・・・。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up