森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

公開した当時、「そんな高いもの、誰が買うんやねん!」と総ツッコミを入れられた【森のかけら】をコンプリート出来る『森のかけら289フルセット』ですが、お陰様で全国各地に潜んでいたかけらマニアを刺激して、少しずつながら販売が進んでいます。四国については、愛媛・香川・高知を制覇!後は徳島のマニアの出現を待つのみです。弊社の森のかけら関連商品の中でも単体としては最高額となる『森のかけらフレーム289』ですが、実は詳しい説明不要で売れています。

 

 

オンラインショップでカード決済も出来るようになりましたが、今までご購入いただいたのはすべて現金。しかもホームページをご覧いただいて、突然ご注文が舞い込むというパターンで、詳しい商品説明などしたことがありません。たっぷりとHPをご覧いただいたうえでのご判断だと思いますが、売る方が言うのも何ですが、買う人もかなりのかけらフェチ、あるいは木材大好き人間だと思います。事前にセット組みしているわけではないので、ご注文が入ってから揃えていきます。

 

 

これが結構な作業量。それじゃあ最初からセットしておけばいいじゃないかと思われるでしょうが、そこはおとなの事情(240種+αもあると中には在庫がギリギリのモノとかもあります。特に日本の120種の方はかなりきわどい水面飛行をしているので、ほとんど余裕の無い樹種もいくつかあります)のありまして、いつ売れるとも分からない商品のためにセット組みしておくほどの余裕はないのです。本来はそうならないように、在庫を充実させておかねばならないのですが。

 

 

それはレアな樹種も含む多樹種商品にとっては宿命。なかなか入手の難しい木を安易な気持ち(こんな木が入っていれば喜んでもらえるのでは、という下心もありあり)で入れてしまった事が自分の首を絞めていますが、だからこそ【森のかけら】に付加価値がついたとも言えますので、そこは何とか頑張って集材せねばなりません。今苦心しているのが、ツバキ(椿)、セイヨウナシ(西洋梨)、ヤマボウシ(山法師)あたり。まあこういうものも目に見えないご縁の巡り合わせなのですが。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up