森のかけら | 大五木材

 

本日も『モミジバフウ祭り』の続編です。通常は当然『無節』の方が『節あり』材よりも高額で、樹種やサイズによっては数倍することも珍しくありません。しかしそれはあくまで人間が勝手に作った価値観であって、自然界においては節のある方が支配者なのかもしれません(妄想!)。しかも圧倒的な力を持った特別な存在っだったりして。節の周辺には写真のような『縮み杢』をはじめ、様々な杢や表情が生まれるのですが、そういうところが私の頭の中で人間のようなキャラクターを創り出し妄想爆発!   

若い頃にかなりやんちゃをして、ひとには言えない重い十字架を背負ったまま日陰で暮らす『縮み杢のマサ(柾)』、常にふたりで行動を共にして、やることなすこと左右対称の動きをする双子の『シンメトリー兄弟』、ひと睨みするだけで誰でも震え上がる、額に大きな向こう傷(割れ)、頬にはナイフの傷(ヘアークラック)のある裏町の顔役こと『スカーフェイス』、顔に沢山ホクロがあっていつもニコニコ笑っている愛嬌者の『ピンホールのマツ(マツ)』等々。キャラクター祭りが暴走中~!

丸太を製材した直後の板は信じられないくらい重くて、独りで桟積みしていると大汗をかきましたが、キャラクター祭りのお陰で何も苦になりません。それどころか、次にどんなキャラの立った奴が現れるんだろうとワクワクしながら板をめくっていたら、あっという間に桟積みも終了。この後も続々と製材された板が戻って来ますので、キャラクター祭り後日に持ち越しとなりました。そんな風に板を見ていると、節や割れ、虫穴、傷のある板がとても愛おしく魅力的に感じられてくるのです

今でこそようやく節のある板にも光が当たるようになり、かつてのような腐っても鯛ならぬ、『糠目でも無節』なんて無節信仰は徐々に減ってはいますが、住宅業界では農林規格や格付けという規準を担保に価値を共有してきた業界だけに、自ら価値を生み出すことに不慣れで(悲しいかな足を引っ張ろうとする人間も多い)、まだまだ節ありはマニアの聖域のように見られがちですが、非住宅分野では『節こそ木』的な歓迎ムードありあり。『節が主役』のモザイクタイルの節あり(キャラクター)全然足らず!!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up