森のかけら | 大五木材

このブログでは日本の木、世界の木、分け隔てなし、贔屓なしに取り上げているつもりですが、物語性や民間伝承のネタが多いのと立ち木を目にする機会が多い分、結果的に日本の木の方が比率的には多くなっているかもしれません。それに対して針葉樹広葉樹については、ついつい広葉樹に肩入れをしてしまいがち。これは私の、野球なら巨人よりも阪神、相撲なら千代の富士より大乃国、プロレスならジャイアント馬場よりジャンボ鶴田という反骨精神の現れでもあるのですが。という日頃の反省も含めて、少しの間針葉樹の話。

まずは、フローリングとして一時代を築いた(私の中ではやや過去形になりつつありますが、それはあくまでも個人的な意見ですので)『パイン』こと、北欧産の『レッドウッド』。そうは言いながらも最近でも問い合わせは少なくはないのですが、性格がひねくれているのでつい遠ざけてしまうのです。市民権を得たジャーな木は、私ごときが出る幕もないと思いながらも、現実的には倉庫の目につくところにあるので避けて通っていても仕方がないので、レッドウッドの出口を考えてみました。

 レッドウッドのフローリングは、北欧の現地工場で加工されたものが輸入されていて、弊社もそれを扱わせていただいているのですが、国内の商品視点で見ると、かなり基準が甘いというか、そもそも現地ではそういうものだと思うのですが、欠け節や割れ節、反り、ねじれなど結構ユルユルなものも混在しています。直せるものは直して出荷していますが、欠損していたり、ねじれの酷いものは弊社基準でハネます。そうしてハネ材、いわゆるB品がこれでもかというぐらい発生してしまうのですが、それを短くカットしました。

いわば『レッドウッド版モザイクタイル』なのですが、一応自分の中で(今のところは)『モザイクタイル』は『広葉樹の出口』という勝手なきまりを決めてしまっているので(針葉樹に比べて光の少ない広葉樹に思いっきり判官贔屓なので!)、同じ仕様にはしたくない!という悪あがきで、少し大き目なサイズに加工。節が大きいので、ハーフサイズはさすがに難しいので90✕90㎜、90✕180㎜の2サイズにしたもののやはり二番煎じ感は拭えません。ならばもっと手垢にまみれようとコースターに。

弊社のキャラクターマーク『だいごちゃん』をスタンプしてみました。一応オンラインショップにもあげてみますが、ここからまだ先に進化できるかもう少し悩んでみます。こうして小さなものに加工してみるとやはり針葉樹の軟らかさで、傷の洗礼を受けます。だから駄目なんて言う気は毛頭ないのですが、その軟らかさに特徴を持たすためにも、タイルやコースター以外のもうひとひねりエッジの効いた出口が必要。しかしこの軟らかい木で磨き作業していると、広葉樹に戻りづらくなってしまいそう・・・




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up