森のかけら | 大五木材

福井県あわら市にゆかりのある、元阪神タイガース小林繁投手の話の続き・・・。昭和40年代世代にとっては、若かりし頃の明石家さんまがその形態模写で小林投手のサイドスローの投球フォームを真似ていたのが懐かしく思われると思います。当時誰もが物真似をしたものです。江川との空白の一日によって阪神に緊急トレードされた小林投手には、その潔さから巨人から乗り換えたファンもついたり、もともと細身で甘いマスクに人気があったのですが、メディアも「悲劇のヒーロー」に仕立て上げたものだから更に人気沸騰!

阪神にはONという巨大な壁に挑む村山実という名投手がいて、全身を使って投げるそのダイナミックなフォームから、『人間機関車』と呼ばれた陸上長距離選手のエミール・ザトペックにちなんで『ザトペック投法』と呼ばれました。村山実のキャラクターと相まって悲壮感が漂うと形容されましたが、阪神に意識して巨人相手に闘志むき出しで投げる小林繁から感じたのも同じような悲壮感だったにかもしれません。小林繁はその後も5年にわたりコンスタントに2桁勝利をあげるものの1983年に惜しまれつつ引退を決意します。

阪神を引退後、一時は参議院に立候補するも落選。バブル崩壊の追い打ちもあって、経営していた不動産業や飲食店なども経営が悪化し大きな借金を抱えることに。その後近鉄で投手コーチなど経て一旦野球界を離れるが、かつてのチームメイト川藤幸三の紹介で福井県あわら市のゴルフ場支配人を務めます。これがあわら市とのご縁。その後、多額の借金問題で自己破産。紆余曲折を経て2010年に日本ハムの一軍投手コーチとして招聘されるも、その年のキャンプ直前に倒れ、心筋梗塞で帰らぬ人となってしまったのです。享年57歳。

なかなか波乱万丈の人生であってようです。スポットライトの当たるプロ野球の一流選手として世間の注目を集めることができるのは、長い人生の中でほんの一瞬。スポーツ選手にとっては、現役時代の数倍も長い引退後を生きなければなりません。スポーツ選手よりもはるかに現役寿命の長い材木屋にとって、50歳なんて鼻たれ小僧もいいところですが、同世代の中日の山本昌投手も引退して、いつか自分にも訪れる「引退」する日の事も考えてみたりしていたところで福井に到着。あ、ちなみに山本昌投手入団時の総理大臣は中曽根康弘・・・昭和は遠くになりにけり。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up