森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

ちょうどお腹も空いてきたので、住工房を見学させていただいた後は食工房の方で「実践」させていただくことになりました。建設当初は、製材工場から発生する端材を燃料にするための手段として考えられた食工房だったそうですが、今では大きな利益を生み出す県内でも有数の人気ピザ店にまだ成長。まだかまだかと入口に並ぶ家族連れの姿に、圧倒されつつもここまで辿り着くまでのご苦労を考えると、「儲かっていいですね」などの軽口は間違っても言えません。

結果ばかりを見て、そのプロセスを考えないのはこの業界の悪癖で、何々の木が売れてると聞くとすぐにその丸太を買い込んで過剰生産して価格が暴落したり、どこどこの家具が人気と聞くとデザインを丸写しして訴訟になったりと、今植えたものの結果が数十年後に出るという気の長い仕事に立脚しているとは思えぬ日和見主義。自戒も込めてではありますが、あまりにも結果を急ぎすぎてしまったり、他社を模倣することに対する抵抗が非常に低いというのは結果がすぐに見えないことへの反動なのかも。

それはそうと、『もく遊りん』のピザはお世辞抜きに美味!腹を空かせた我ら肉体労働者にとってはピザも1枚や2枚では全く足りず。次から次へと注文を重ねて、気がつけばすっかり術中にはまってしまっていました。同行していた大成君は薪ストーブも販売していて(サンシン暖炉)、ピザ以上にそれを生み出す薪やストーブについても興味津々でしたが、少しだけ日頃の視点を大きくしてみれば、暮らしの中で木と関わりがあるもののいかに多いことか。自社の仕事や商品と関わりが無いと思うと、まるでそれが異素材でもあるかのごとく興味が減退する人もいらっしゃいますが、関わりは無くとも木という素材から生み出されるものであれば、絶対に近づけないということはないはず。

恐らくきっとどこかに接点はあるはず、なんて思ってしまうのは貧乏性の証拠なのかもしれませんが、【森のかけら】を作るようになって自分の中では随分と視点が広がってきたと思っています。薪がダメでも、ピザがダメでも、器がある、テーブルがある、椅子がある、お店の看板がある、ノベルティがある、考え方次第ではいくらでも結びつきは作れるもの。そう考えればやはり『木は無敵の最強素材』だと思うのです。それでは明日は、そんな無敵の最強素材がもっとストレートな形で活躍する場面をご紹介致しながら、この長かった旅の締めくくり。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
Scroll Up