森のかけら | 大五木材

こちらもご紹介がすっかり遅れましたが今年の5月に移転新築された『建築工房OZ』(小澤健作社長)さんの新事務所。いつもいろいろな無垢材をご利用いただいているのですが、事務所建築に伴い弊社の木材をたっぷりご利用いただきました。まずはこちらの外壁ですが、『サーモアッシュ』の本実目透かし加工のパネリング。このブログでも紹介させていただきましたが、OZさんの先の新築現場で外壁にご使用いただいたもので、すっかり気に入っていただきました


重硬で衝撃に強いことから野球のバットなどにも使われる北米産の広葉樹『ホワイトアッシュ』を200℃の超高温でサーモ乾燥させてものです。近づくと焦げた匂いがします。もともと木目がクッキリしている木なのですが、サーモ処理させたことで、より木目が鮮明になります。着色しているわけではないのですが、いい感じの焦げ色になっています。この状態が永遠に続くわけではなく、経年変化で徐々に左の写真のようなロマンスグレーに変化していきますが、それもこの木の面白さのひとつ。

外壁だけでなく事務所の内壁にもサーモアッシュを貼っていただきました。照明の関係で外壁に貼ってもらったものとは、色合いが違ってみえますが同じものです。同じホワイトアッシュですが、個体差があるのでサーモしたことで濃淡がより強調されるので、並べて貼るといい感じのムラが生まれます。焦がしているといってもパネリングに加工しているので、掌に木粉がつくような事はありません。ただし荒材だと表面がザラザラして凹凸や毛羽立ちもかなりあるので注意が必要です

初めてこのサーモウッドを仕入れた時、正直そのどうやって売ればいいのか、その用途すら定まっていない状態でした。周辺での使用実績もほぼない状態だったので、いきなり大きな現場で試験的に使うことのリスクもありました。しかしこちらのOZさんをはじめ何人かのチャレンジャーが果敢にサーモウッドに挑んでいただき、実績を積み重ねてきました。海外での実績は豊富ではあったものの、愛媛という環境でどれぐらい順応し、効果を発揮してくれるのか、確かめるには多くのチャレンジャーの協力が必要なのです。明日に続く・・・




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up