森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

会社の裏では重機の音が響いているのですが、その隣、つまり私の土地でも小さな変化が起こっています。隣の大規模な造成工事に比べるとあまりにも小さな工事ですが、アスファルトを砕いて杭打ちをして工事開始。何をしようかとしているのかというと、ここに『小屋』を建てるのです。小屋といっても人が住むようなものではなくて、屋根はあるものの壁面が無いオープンハウスというかテント小屋(テントではないのですが)みたいなモノ。

今までは借りていた土地の一角に同じようなモノを建てていましたが、土地を返すに際して小屋は撤去しました。小屋では木育などの各種イベントなどを開催したり、木の玉プールなどを保管してきました。春休みや夏休みともなれば近所の子供たちが勝手に集まって来て、セルフでミニ木工広場が繰り広げられていました。小屋を建てた時に比べると木育の環境も整備され、そこに集まるひと・モノもすっかり増えました。

それで小屋の撤去に伴い、自分の敷地に新たに小屋を建築することを決意。小屋を管理・運営する家内がイメージを作り、我が家を建ててもらった河野住建さんに建築を依頼。以前の小屋に比べるとかなり大きなモノになる予定です。あくまでもイベントなどのための小屋であり、木材を保管するための資材置き場ではありません。しかしそれは紛れもなく木の魅力を味わい、体感し、楽しむための『入口』なのです。

少子化で住宅着工数減少が叫ばれる一方で、木を使う環境は年々拡大しているように思います。弊社でも医療、ジュエリー、飲食店、陶芸、学校など様々な業態とのお取引が広がっています。その要望や使い方に驚かされることも多く、多様な樹種の出口も少しづつながら徐々に広がりつつあります。外に出向いての「種蒔き」はほぼやり終えた感はありますが、次のステージとしての「種蒔き」はこれからこの場所で始まります!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up