森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日開催した第8回大五木材青空市は、天候にも恵まれ大勢の方がお越しいただき大盛況でした。今回は初の試みで、入場料を設けて会場に入る際に受付にておひとり様¥100をいただくことにしました。そのかわりに「100遊券」をお渡しします。100遊券は、当日限り有効の金券となるので、会場内であればどのブースでも100円として使えます。実質入場料無料ということなのですが、来場者数の把握が出来ることと、賑わいに花を添える目的で実施しました。それによると来場者数は400名を超えました。

受付は会場入り口に設けたのですが、反対側からの入場者が受付に気づかない人もいたようで、後半から慌ててそちら側にも張り紙をしたものの、午前中結構な数のカウントが漏れてしまいました。イベントの出店者と、漏れた方の分も含めるとおよそ500名の方がイベントに参加していただきました。いつもどれぐらいの人が来ていただいているのか気になっていたのですが、遠方からも含めて沢山の方が関心・興味を持っていただいていた事に、今後の大五木材の進むべき道に明かりが灯ったような心境です。

完成した小屋の中では、いつものan acornさんやOYUKIのかご屋さん、nico*iroさん、lune・工房itomakoさんなどのクラフト雑貨やカフェダイニングメルシーさんがローストビーフ丼などを販売していただきました。小屋自体が以前のモノに比べるとかなり大きくなったので、それなりの日陰も作ってくれました。ルーフバルコニーは自分の力で登り下りできる子供のみという事にしていましたが、やはり登ってみたいという子供たちが大勢で、梯子にビビりながらも小さな手足で梯子を掴みながら挑んでいきました。

近所の方々からも何が建ったのだろうかと気になっていた方も多かったようで、その正体を確かめにイベントに来られた方もいたりと、併せて小屋のお披露目にもなりました。よくこういうイベントをすると、すぐに売上がどうとか、費用対効果がどうだの言いだす輩がいますが、売上を狙って開催しているわけではありません。大五木材がどういう会社が知っていただき、どんなモノを扱っているかを知っていただき、木のモノの面白さ、楽しさに触れてもらうという終わりのない種まきです。果たしてその種から芽は出たか?心配いりません、芽が出るまで続くのですから




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up