森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

熟成モミジバフウからスポルテッドビーチを経由してのブルークリスマスと来ると、この流れの息つく先は勿論、12月の誕生木モミ(樅』の話です。現在、弊社には九州産のモミ愛媛県産のモミの板があります。いずれもたいした量ではありませんが、一枚板のダイニングテーブルには十分なサイズです。愛媛県産のモミについては、丸太で10数本仕入れて耳付きの板に挽いて、天然乾燥させました。こんな目の詰まった良質のモノが地元で採れるのかと思うほど良質な木だったので、手頃なサイズのモノから順調に売れていきました。

それで残ったのが、長さ4mで幅は1m超えの大きなモノばかり。さすがにこのサイズになると大き過ぎて逆に嫁ぎ先が決まりにくい。天然乾燥で8年ほど経過していますので乾燥は完璧で、節もわずかで木目も綺麗。ほぼ文句のつけようのない美材ですが、偏屈材木屋にはふさわしくないのかも。これ大丈夫なのかと思えるような大きな割れや、激しく穿孔された虫穴、天下御免の向こう傷、染みの向こうにロマンが見える青染みなどの問題児を売るのは得意なんですが・・・

あまりに整いすぎて優秀な材となると、こちらの方が気後れしてしまいます。丸太を仕入れて挽いてみたら見事な良材が取れましたというもので、木材市場で板の状態で見たならば、まず手を出すことはないでしょう。偏屈材木屋としては、普通の人からは見向きも評価もされないような木に、新たな出口を見出したり、背景の物語と結びつけて新たな価値を生み出すという事に情熱を傾けているので、あまりに整いすぎる木というのは、私流の腕の振るいどころがないのです

まあ、いわゆる銘木屋さんで扱うような木なので、偏屈零細材木屋ではなかなか良縁に恵まれません。まだまだ婚期を逸したような先輩たちが倉庫の奥には居並んでいるものの、これだけ容姿端麗なモミですから、それにふさわしい相手を見つけてやりたい。これ以上手元に置いておくと情が移って手放したくなりそうだし。12月の誕生木『モミ』の木言葉は『向上なのですが、もうひとつ木言葉もあって、それは『』。時間がかかるのは生まれ持っての運命かも・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up