森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

最近またお問い合わせが増えている『モザイクボード』ですが、素材のまま販売する場合と、弊社でテーブルやカウンターなどに仕上げて販売する場合の2通りあります。当初は素材のまま販売する事が多かったのですが、最近は仕上げ+塗装までして出荷するケースが多くなってきています。素材のスペックはシンプルで、2000×500×30㎜3000×600×30㎜の2タイプのみ。素材販売の場合は、出荷前にサンダーで磨いて1枚ずつ段ボールにくるんで出荷するのですが、結構重量があるので宅急便の配送が難しくなってきています。

『モザイクボード』に限らず、長さがあって重量の重たいものについては、以前のようになんでもかんでも宅急便任せというわけにはいかなくなってきていて頭の痛い問題です。それが当初は圧倒的に工務店とか設計事務所からの素材でのお問合せ・ご注文ばかりだったのですが、最近は自分でクラフト細工をする人や、お店を開業するオーナー本人とかから直接オーダーが入ることが増えて、短くカットして仕上げ加工までしてから送る事が増えてきて少し傾向が変わってきました。こちらは先日作らせていただいてモザイクテーブル。

いつもお世話になっている地元のミセスホームさんが新しく作られた打ち合わせ室のテーブルにご注文おただきました。サイズは1300×850㎜、高さ700㎜。素材は600㎜までしかありませんが、モザイク仕様なので幅を剥ぎ合わせることが出来るので、素材の幅以上のサイズに仕上げることが可能です。ご希望で角は丸く面をとっていますの、より優しい雰囲気になりました。表面から見るとどうやって繋がっているんだろうと思わるかもしれませんが、側面を見れば仕組みが分ります。先端をジグザグに加工して組み合わせています。

指を組み合わせたように見えるのでフィンガージョイントと呼びます。数十種類の広葉樹をこうしてランダムに組み合わせて作っています。脚は淡赤色のブラック・チェリーの間に褐色のサーモアッシュを挟んでいます。仕上げには植物性のオイルを塗装。木の中に眠っていた本来の色が呼び起され、鮮やかにモザイク柄を引き立てています。そもそも240種類の木の標本【森のかけら】を作るぐらい多樹種を扱っていたのですが、何か新しい出口はなかろうかと模索している中で生まれたのがこの『モザイクボード』でした。

世界各国のいろいろな木を集めてみたはいいが、なかなかその出口が無くて困っていた時期でしたので、うってつけの商品となったのですが、最近は色合いの特徴的な木、例えば赤いブビンガとか紫色のパープルハートなどの入手が難しくなってきている(高価になっている)のと、この商品以外の広葉樹の出口を少しずつ作ってきたことで、原料不足に陥りつつあるという皮肉な事態にもなりつつありますが、そんな心配は在庫の大量のモザイクボードを売り切ってからのお話し。折角作ったものがまた倉庫の主になってしまっては元の木阿弥ですから💦




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up