森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日ご紹介したモザイクボードのテーブルですが、改造中だったミセスホームさんの打ち合わせ室が完成したので納品させていただきました。モザイクボードの基本スペックは、2000×500×30㎜と、3000×600×30㎜の2タイプなのですが、モザイク柄の利点として、幅を剥ぎ足しても違和感が少ないので(1枚ごとに使用している素材が違うので、どうしても多少の雰囲気の違いは出てきます)、ご希望サイズに加工することが出来ます。今回も幅は850㎜がご希望だったので、500㎜に350㎜分剥ぎ足しています。

モザイクボードの素材は広葉樹に限定していますが、それは強度の問題がひとつ。製作するにあたって、スギやヒノキ、ベイツガ、ベイマツなどの針葉樹のみ、針葉樹+広葉樹の混合などでも作ってみて、林業試験場に持ち込んで破壊試験などもしてもらいましたが、広葉樹に比べるとかなり劣る結果になりました。まあそれは最初から想定していた事で、念のため検証しただけで、最初からいろいろな広葉樹を使った商品として作るつもりでした。もともとのスタートは、出口の見えない倉庫に眠るさまざまな広葉樹の活路を作り出すという事でした。

広葉樹に限定した理由の2つ目としてはさまざまな商品が作られたり、行政等からも手厚いバックアップのあるスギやヒノキに比べて、ほとんど顧みられることも無く放置された広葉樹の復権ということもありました。こんなに美しく表情豊かな広葉樹をもっと知ってほしい、使ってほしいという切なる思いもあったのです。そんなモザイクボードですが、当初は圧倒的に県外からの注文が多くて、原版サイズのまま宅急便発送となると、傷つかないように厳重に梱包して出荷していましたが、今は長物の配送は制限が多いこともあって、短くカットして発送する事が増えました。

それと県内からの問い合わせも少しずつ増えて来て、今ではその比率が逆転しました。特に今月・来月は出荷が多く、店舗でも使っていただく予定なので、また完成したらご紹介させていただくつもりです。そういう流れもありまして、3月は製作過程で発生してモザイクボードの端材もまとめて特価で販売する事にしました。端材コーナーにてオリーブの板材との共演。期間中、端材コーナーのモザイク商品に関しては値札の20%OFF です。まだモザイクボード未体験の方は、この機会に端材から『華麗なるモザイクの世界』に足を踏み入れてみて下さい!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up