森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

4月このブログで紹介した、幅1mの一枚板のアフリカ産『ラボア』ですが、良縁がありまして早々に旅立っていきました。最近一枚板のテーブルが人気で、来店して実物を見てみたい等の問い合わせが多くあります。初めて弊社を訪れられる方の場合は、いきなり大物ではなく希望よりちょっと狭めのサイズから案内します、ちなみにこれぐらいのサイズだとこれぐらいの価格ですよ、という「サイズによるバリュー感」を知ってもらってからご希望サイズの板をご案内します。

大体幅が800㎜ぐらいの一枚板を求めてご来店される方が多いのですが、弊社にはいわゆる『銘木』と呼ばれるような高級な一枚板はほとんどありません。幅は広くとも大きな割れがあったり、傷があったり、虫穴があいていたり、大きな節があったりするような、森で生きた証しがガッツリ刻まれた材がほとんどです。私自身が、素直に育った無傷の完成度の高い木よりも、ひと癖もふた癖もあるが磨けば(語れば)唯一無二の宝物になる(かもしれない)木の方に惹かれるから、そういう木を好んで仕入れしています。

なのでサイズの割りには比較的安く感じる木が多いと思うのですが、それで調子に乗って「幅1mでもいいんだけど~」なんて軽口を叩くお客様用に『戒め』として見せるために買ってたのがこのラボアでした。部屋が広いから1mぐらいあっても大丈夫なんだけど~、なんて聞くと普通は、「ありがとうございます。それだったらこちらを~」と大歓迎モードになるのが普通だと思うのですが、ひねくれ者の偏屈材木屋と致しましてはそうはならないのです(笑)。

「直径1mの木になるまでどれぐらいかかってると思ってんねん!簡単に1mなんて口にするな!」と(口には出しませんよ、さすがに)いらついてしまうのです(大木には相応の敬意を払うべきの意識強すぎ。商売人としては完全にNG!)。幅が1mを越えるという事は長さもそれなりにしないとバランスが悪くなるので、最低でもこれぐらいになりますよと。実際のスケール感を体感してほとんどの方はさすがにこれは無理~となって、私は溜飲を下げていつものセレモニー終了~(笑)。明日に続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up