森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20150528 11000万円で建てる上質住宅」というコピーで知られる『千金堂』さんが、5月29日(金)に四国で6店舗同時オープンされました(松山市、大洲市、今治市、新居浜市、香川県綾歌郡宇多津、高知県高知市)。その中でも松山市中央通りに出店された『千金堂松山中央店』さんからは、新事務所に設置するオフィステーブルの制作ご依頼を受けました。事務所のレイアウト上、小さなデスクを幾つも並べるのではなく、大きなカウンターテーブルサイズにしたいとのご要望。

 

20150528 2そこで、モザイクボードを幾つか幅剥ぎさせていただき、大きなモザイクオフィステーブルのご提案をしましたところ、ご了承いただき制作させていただきました。3000×600×27㎜サイズのモザイクボードを4枚使用したビッグサイズです。600幅を横に2枚に並べて1200㎜幅、長さ3000㎜のものを縦に2台並べると、全長6000㎜にもなる巨大なテーブル。もさすがにこれだけ大きいと工場で組んでも運搬出来ませんので現場で組立作業。

 

20150528 3右の写真ではテーブルが2台あるように見えますが、これを縦に繫げて置きます。そうするとモザイク柄のために1枚の巨大なテーブルのように感じられます。この大きさになると重さも結構な事になりますので、重さに耐えられ、かつテーブルのモザイク柄より出しゃばらない素材という事で、脚材には強靭さで知られる白身のホワイトアッシュを使わせていただきました。中央に開いている穴はパソコンなどに対応するために配線穴。片側に6人、計12人が一堂に座れます。

 

20150528 4当初、モザイクボードはボード状の板のままでの素材売りを主眼としていましたが、施主さんから最終商品にまで作り込んだものが欲しいというご要望が多くなり、最近はボードのままお売りしているのと、テーブルやスツール、キャビネットなどに加工までして収めさせていただくのとおよそ半々ぐらいの割合となっています。個人的には、最終的にどういう形に姿を変えてお施主さんの元に届いているのかを知りたいので、最終加工まで作らせていただける方が面白くはあります。

 

20150528 5オフィステーブルにモッタイナイという声も聞こえてきそうですが、こういうものって実際にご提案していただく方が使ってみていただいてその良さが伝えられるものだと思いますし、形になった現物を見て触ってから使ってみようという実感も湧くものだと思います。アルミのテーブルの上で無垢の木を語るなんて、ちょっとブラックジョークというか自虐的とさえ感じてしまう私。木の面白さって、それぞれのひとが『自分の言葉』で自分らしく表現するのが一番熱く伝わると思うのです

 

20150528 6今まで私もよく分かっていなかったのですが、千金堂さんの家造りって、かなり自由度が高いらしくてフローリングをはじめいろいろな自然素材などがオプションとして組み込めるということで、弊社で扱っている規格外のひねくれたような材料にも出番があるやも(?!)と、こんな巨大モザイク・オフィステーブルを納品させていただけた懐の大きさに期待しているところであります。これからの千金堂松山中央店さんのご活躍を、魚心あらば水心の心境で強く祈念しております~!!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年8月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up