森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20120625 1愛媛大学の愛大ショップ・エミカさんで販売させていただく事になった『陸前高田のしるし』ですが、先日愛媛新聞にて取り上げていただきました。以前にもご紹介させていただきましたが、昨年の大学生諸君とのインターンシップの時の企画ですから、随分時間が経ってしまいましたが、新しい市場で新商品を売り出すには相応の時間がかかります。ありがたい事に、今回の新商品の開発+販売については、弊社とのインターンシップ活動の主たる目的と合致したため、周囲の理解もありスムーズにここまで来る事ができました。もしこれが、同じ商品であったとしても、何ら大学と関係の無い一企業が飛び込み営業したとしたら、こういう結果にはならなかったと思います。インターンシップの成果については、以前拙ブログで詳しく触れましたが、販売・宣伝という最終工程は商人たる私の仕事。第一段階はクリア。

 

20120625 2取材は、愛大ショップ・エミカで学生諸君が対応してくれましたが、結果としてそれもよかったと思います。この商品の生まれるまでのストーリーを、彼らが体験した陸前高田のボランティア活動を通して語る事でこそ、この商品を大学内で販売するという事に意義が生まれてきます。ショップでの販売ポップ㊧も学生たちの手作り。彼らがかの地で感じたピュアな思いを、何らかの『カタチ』に変えて自分たちが出来る範囲の支援を続けていきたい、その思いが結実。

 

20120625 3その思いを伝える表現手段として、木という素材は最適でした。風光明媚、白砂清松として知られた7万もの高田の松原の松林は全壊してしまいました。まだこの商品にまで思いが及ぶ前から、美しい松並木なぎ倒された光景をテレビで観るたびに胸を痛めておりました。しかし、その時にはその倒壊した陸前高田の松と弊社が結びついて商品が生まれるような事になるとは想像もしていませんでした。大変失礼な言い回しですが、自分とは無関係の遠い東北の地での出来事、そういう傍観者でした。

 

20120625 4それが今こうして、私の手元にその松があるというのは、材木屋として私に託された使命かと考えるようになりました。その松がマグネットとして大学のショップに並ぶまでには、学生以外にも沢山の方のご協力があればこそ。1つの商品が世に出るためには多くの人の手を経なければなりません。震災を風化させること無く、自分たちが出来る範囲の支援を継続していきたいという学生たちの思いは、多くの関係者の共感を得てバトンリレーされてきました。小さなマグネットに思いは詰まっています。

 

20120625 5新聞の影響でしょうか、最初に用意した『陸前高田のしるし』100個はあっという間に完売!商品は実際に倒壊した陸前高田のマツを使用しているため、傷や青染みなども含まれていますが、それこそがこの忌まわしき震災の証し。発売前には、「こういうモノ(高いマグネット)は売れない」、「機能的に弱い」などというご意見もありましたが、多くの方が別の動機付けでご購入いただいているようです。それこそが、この『陸前高田のしるし』の証し。早速明日から追加品の準備です!

★この商品は愛媛大学内のショップ・エミカさんで販売中。売上金(¥150)の一部(¥20)は、東日本大震災の復興支援として寄付されます




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up