森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

本日は北海道からぐっと南下して東京でのご縁の話。昨年末にモザイクボードをご購入いただき、年明けにオープンされた、目黒区祐天寺のペルー料理店『EL CEBICHERO(エルセビチェロ』さんですが、完成後にお店のオーナーから店内の写真もいただいて喜んでいたら、フットワークの軽い『関東地区かけら特命大使』である㈲高梨木材の高梨悟君が早速お店に行って食&モザイクボードレポを自分のブログにアップしていただきましたので、そちらからの引用です。

大のビール好きである高梨君はお約束どおりまずはペルーのビールを注文。ボトルで『CUSQUENA(クスケーニャ)』というペルーを代表すると言われるビールをご堪能。このビールは南米ペルーの街・クスコで作られていて、地元ではとても人気のビールだそうで、名前のクスケーニャというのもその地名から命名されていて、日本語に訳すると『クスコ娘』という意味があるそうです。ボトルの下部にある凹凸は、世界遺産にも登録されているクスコの石垣のイメージなのだとか。

毎晩の晩酌を欠かさないビールキングの喉も満足させる味だったようで、これは私も探して飲んでみねばなりません。その後もシェフご自慢のペルー料理を楽しまれたようですが、さすがに『かけら大使』だけあって仕事も忘れません。鮮やかな色彩のペルー料理を引き立てるモザイクボードのテーブル、といった趣きでバッチリ写真も撮影いただいたのでこちらでお借りしました。私はまだお店に伺ったことがないのですが、これでお店全体の雰囲気やレイアウトもよく分かりました。

カウンターだけではなくて、テーブルにもモザイクボードをご利用いただいて、すっかりメインの場所を独占させていただき恐縮です。その分、お客様の目に留まり、オーナーとの会話のきっかけにでもなったり、色彩豊かなペルー料理に少しでも花を添えられるような「仕事」をしろよと、生みの親の心配は尽きません。今回、すぐにお店に行って食&モザイクレポをしてもらった高梨君ですが、何度かこのブログにも登場してもらっていますが、『森のかけらフレーム289』を所有する真正かけらフェチ!(念のためですが賛辞!)

前にも東京でご縁のあったお店に出向いて、大量の写真を撮ってきてくれたりと、その仕事ぶりには定評があります(私にとってだけかも・・・)。東京でこうして新しいお店にモザイクボード使っていただいたり、そのお店を『森のかけらコレクター』が訪ねて、そこで知らない二人が遥か愛媛の名もなき材木屋の話をするなんて、私にとって本当に夢のような話。そんな素敵なご縁が少しずつ広がっていって、東京出張の際には訪ねる店が多くて悩んでしまう・・・という妄想で今日も夜が更ける。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年8月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up