森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

作日のブログで書いた名残の木材、結局その名残が積み重なって大きな在庫となっているという現状があり、今回のロングセールではその禁断の名残にすらも手をつけようというものです。【森のかけら】などに必要な最低限のモノだけを残して、一端整理しなければもはや倉庫が倉庫として機能していません。今のところ、私の周辺ではリフォームを中心に木材需要はそこそこあって、それなりに木材も動いていて、大工さん不足も叫ばれているものの、長い目で見ればこのままの状況が続くとは考えられません。

今のうちに、これからもまだ売れるであろうモノと、今までは売れたけれどこれからは難しくなるであろう過去のモノとに分類して、今のうちに売る、あるいは売れるモノに形を変えておく(それを原料として商品を作る)必要があります。かつてのように、売れなくても店の顔として展示しておく木材のスペースを与えておくだけの余裕もなくなってきているし、時代に合わせてそのやり方も変えていく必要があります。レースウッドにも県外からまとめてお声がかかり、随分と在庫も少なくなってしまいました。

森のかけら』や『森のりんご』などを作るために最低限の量を残して、販売していくつもりです。名残として取っておいて端材については丸い器に加工。既に先行してHPのオンラインショップでは販売をしていますが、この奇杢をまるまる全部活かしたいという事で、底の薄い『銘々皿』として仕上げました。板や角材など素材のままで買っていただく方がこちらとしては手離れがいいのですが、長年連れ添った(?)木材たちの倉庫では埃まみれだった下の真の姿をひと目見ておきたいという親心もあって・・・

結局のところ未練タラタラなのではありますが、やはりひと様の手に渡る前にその晴れ姿を目に焼き付けておこうという気持ちからこういうモノを作ってしまうのだと思います。そうして晴れ姿は拝ませていただきましたので、今度はいよいよ販売させていただこうという、もの凄く虫のいい話です。残りのレースウッドの板材も厚みが25㎜なので、テーブルの天板には厳しいかもしれませんが、板材としてもネットで販売させていただきますので、まだレースウッド未体験の方は是非この機会に奇杢を体感してみて下さい。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up