森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

このクロガキを加工する際の問題は無数に開いた虫穴。当然もう虫はとっくにいないくなっているのですが、大小さまざまな穴をどう処理するかという事。これがクロガキでなくて、ここまで虫穴の数が無ければ、色目を考えて木粉などで処理するのですが、虫穴が漆黒の黒味の中に点在しているので、これをうまく処理しないと折角の墨流しの図柄が生きてきません。またキッチンで使うという事で耐水性にも注意しなければならなりません。それで今回選んだのが、デンマーク製のリペアスティック

長さ30㎜、直径12㎜の円柱状になっていて、専用の伝熱ガンに差し込んで押し出しながら熱を加えるとそれが溶解して、節や割れ、虫穴などに注入出来ます。直後にクリーニングアイロンや鉄などを押し当て冷却させると一瞬で硬化します。硬化したらカッターなどで余剰部分を切り落とします。最後はサンダーで表面を滑らかに整えたら完成です。いつもはストックしてあるいろいろな木粉の中から色を選んで、瞬間接着剤でかためて節や虫穴を補修していくのですが、接着剤が浸透していくので面がゾロになるまで何度も同じ作業を繰り返さなければなりません。

それで固まっても経年変化で補修部分が痩せていくこともあったりして後で手直ししたりする必要もあったりしたのですが、解説文によれば、リペアスティックは硬化後の収縮がなく、木材に追従して変形することもありません。更に硬化後にその上からオイル塗装やサンダー掛けも可能だし、耐水性もあり、紫外線による変質もなし。VOCや毒性もゼロで、安全性も高く作業効率の高い補修材という事。パンフレットを見て以前から関心はあったものの使った事はありませんでした。

やはり慣れた方法の方が間違いが無いという臆病さから手を出していなかったのですが、今回は虫穴の数が圧倒的に多くて耐水性や作業効率も求められるという状況でしたので、思い切って使ってみることにしました。確かに溶解して注入して鉄を当てると一瞬で硬化して固まります。強力な瞬間接着剤が指先に付着して皮膚が剥けるようなこともありませんが、馴れるには少し経験が必要。虫穴が多かったお陰で作業が終わるころにはすっかり慣れて、随分早く出来るようになりました。そして完成した姿がこちら!更に明日に続く・・・




数え切れないほどの大小さまざまな虫穴の開いたクロガキを見ていて私の脳内では、クロガキが生まれてきてメカニズムが浮かび上がりました。あくまでも私の勝手な脳内妄想ですが、あるところに大きな一本の大きなカキノキがありました。そのカキノキはもともとクロガキではありませんでした。しかし長年の風雪に耐えたクロガキの樹皮は剥がれボロボロになっていました。その部分から虫が入ってきて卵を産み付けました。やがて卵は孵化して幼虫たちは甘いバリバリとクロガキを喰っていきます。

このままでは危ないと身の危険を感じたカキノキは非常事態宣言を発動!枝折れしたところから体内に侵入してきた水分を利用して、自らのタンニンと融合させて秘密兵器『スミナガシ』を生成。体を蝕む虫たちに向かってスミナガシガがジワリジワリと向かっていきます。紆余曲折を経て虫穴にたどり着いたスミナガシはその中に含まれている毒素(あくまでも私の脳内妄想)を使って、次々と虫たちを撃破!虫がすべていなくなった頃には全身にすっかり墨が回って立派なクロガキに変身したのです!(繰り返しますが脳内妄想

そうやって数々の虫穴のあいたクロガキが出来たのだと勝手に納得しているのです。だからこそ虫との激しい戦いを勝ち抜いたこの木に敬意を払い、それに相応しい舞台で輝いていただきたいのです。ならばその名誉の傷を隠すことなく、受け入れていただける人と出会ってもらうことが肝心。その出会いを待つこと10数年。遂にそんな出会いがありました。虫に喰われたその痛々しい傷以上に、心を惹きつけてやまない墨流しの妖しくて美しすぎる自然の造形美の極致!

そのまま一枚で使うには狭いサイズでしたが、三枚におろしたことで木目が左右対称になるシンメトリーで使うことが可能になりました。それでも足りない幅を補うために中央にクロガキに負けないような濃茶のブラック・ウォールナットを挟みました。この長手方向に幅剥ぎしたブラック・ウォールナットの短めの板がL型に繋がって、大きなキッチンカウンターとなります。バランスも完璧で、寛容なお客様が全面的に受け入れていただき、己の身を虫に与えたクロガキは遂に日の目を浴びることになったのです。続く・・・




私にとって興味があるのは、どういうメカニズムでクロガキが生まれるのかという事よりも、そのクロガキにまつわる神秘的なエピソード。意図しては生まれない自然のきまぐれの中にこそ木の持つダイナミズムや妙味が感じられます。数万本のクロガキの中に1本出るかどうかといわれているのが、まるで孔雀が羽を広げたような木目に見える『孔雀杢』のクロガキ。昔より茶道具や高級和家具などに加工されて、好事家にとっては銘木中の銘木として珍重されてきました。

弊社が在庫しているクロガキは、そんな銘木と呼ばれるようなクロガキではありません。長さが2700㎜、幅が350~450㎜、厚みが100㎜ほどで全身に黒味が現れています。10年以上前にその見た目に惚れて仕入れたモノ。さすがにそのままでは使いにくいので、板ものとして使いやすいように厚みを三枚におろしました。すると中からは怪しすぎるような黒味の杢が!墨汁の墨を流して、漆黒の黒味から薄墨に変化していく濃淡の風合いは、まさに『墨流し』の形容に相応しい!

この丸太はかなりの高齢木で、美しい墨流しのクロガキとなって今こうして人の目を楽しませてくれていますが、その恩恵を受けているのは私たち人間だけではありません。その黒味の中に無数にあいた虫たちの穿孔跡。ここまでになると、その虫穴も含めてひとつの絵柄のようでもあります。クリモモ、ナシ、ミカンなどのフルーツウッドは虫たちにとっても甘い樹液と住処を提供してくれる貴重な存在。フルーツウッドにとって虫穴は避けて通れぬ宿命でもあります

一般的に顧みられることの少ないフルーツウッドを積極的に扱っていこうとするビーバー材木屋にとって、虫穴を受け入れざるしてフルーツウッドを使う資格は無いのです。虫穴ひとつ無いようなクロガキを欲される方は、銘木屋さんに行かれるべき。そんな銘木屋では歯牙にもかけられない虫穴のあるクロガキにこそ、光を与えられるのがビーバー材木屋の腕の見せ所であり矜持。虫たちに我が身を与えたアンパンマンのような慈悲深いクロガキに相応しい舞台がきっとある!続く・・・




今日のかけらプレミアム008 【黒柿/クロガキ】カキノキ科カキノキ属・広葉樹・愛媛県産

あくまでも私の個人的な趣味嗜好に基づくものですが、入手が難しい、その存在そのものが希少、特別なストーリーがある、などの木については、240種の【森のかけら】のレギュラーではなく、あえて仰々しくプレミア感を謳った【森のかけらプレミア36】として別枠に仕立てています。中には、「なぜこれがプレミアなの?」なんて意見もあろうかと思いますが、あくまでも私の趣味嗜好!そんな意見は聞くつもりもありませんが、その36種を選ぶ時にはかなり頭を悩ませました。

森のかけら・プレミア36の36種は以下の通り、アマゾンローズ、アマレロ、ウェンジオリーブウッドカステロキングウッド、グラナディロ、黒柿、黒檀、ココボロ、サントスローズ、紫檀、シャム柿、スネークウッドゼブラウッド、ソノケリン、ダオ、鉄刀木、チューリップウッド、バーズアイメープル、ヴィオレットウッド、パープルハート、パオローズ、パオロッサ、パリサンダー、パロサント、パンガパンガ、ピンクアイボリー、フランス黄楊、ベリ、ペロパローザ、ボコーテホンジェラススローズ、マホガニー、リグナムバイタレースウッド。30種のプレミアとレアなレギュラー6種で構成されています。緑色は「レアなレギュラー」です。 収納箱はブラックウォールナットで、全ての箱にシリアルナンバーがレーザー印字されています。本体価格¥63,000(¥68,040 消費税込・送料込)

そんな【森のかけら36】には、日本の木が1つだけ含まれています。それがこちらの『黒柿』。クロガキという樹種があるわけではなくて、カキの木の中で心材に墨で描いたような漆黒の模様が現れたものを『クロガキ』と称します。なぜそのようなクロガキが生まれるのか、その詳しいメカニズムについては解明されていないそうですが、一説にはカキノキには柿渋の元になる「タンニン」という物質が含まれていて、それと土中から吸収した成分とが化学反応して発生するとも言われています。

100年を越えた老木のカキにしか現れないとも言われていましたが、近くの農家の方から分けていただいた50年足らずの若いカキノキを製材すると、中身が黒くなっていましたので、必ずしも老木にだけ現れるのではないと思います。ただし、木材業界、銘木業界で言うところの『クロガキ』というのは、ただ単に黒味が出ているという事だけではなく、それが文様として美しい柄になっているとか、より黒味に濃淡の深みがあるなど、芸術的な風合いが求められ、それが特別な価値を生み出しています。続く・・・




その知名度の低さをカバーするためか、最近は『アフリカン・チェリー』と呼ばれることも多いのですが、さすがにチェリーと呼ぶには違和感がある、と思っていました。竹中大工道具館の巨大なボセの一枚板を見るまでは!その木には何も表記が無かったので、これは一体なにかしらと思ってなめ回すように観察していたら、断片的に『ミズメザクラ』の面影も感じたので(あくまで個人的見解)、チェリーまんざらでもないかなんて思ったりもしたのです!まあこれは特別な一枚だとは思いますが。

心材と辺材の差が明瞭でその赤と白のコントラストもチェリーと例えられる一因かもしれません。この木の特徴として挙げられるのが、樹皮の小口より乳白色の濃いラテックス(油脂状のゴム)が滲出(しんしゅつ)することがある、少量であるもののシリカを含んでいるので刃物を痛めやすい、樹脂分が小さな染みを作りやすい、細かい木粉が皮膚あるいは粘膜に炎症を起こすことがあるなどがあります。自分で使った経験がほとんど無いので書いていても距離感を感じてしまうのが寂しいところ。

チェリーどころか海外ではホンジュラス・マホガニーによく似ているので、その代用材ともされるという事です。いまや希少材となったセドロや世界三大銘木のひとつでもあるホンジュラス・マホガニーの代用にもされると聞くとにわかにこの地味に思えたボセが途端に特別な輝きを持って見えてくるのですから人間身勝手なものです。今はまだほとんど盛り上がっていませんが、ケヤキの代替材としてトチが急激に人気が出て価格が高騰したように、もしかしたら次はボセの時代が来るかも!?

という事で今度少しボセの板も仕入れてみようかと考えています。やはりこういうものは実体験を踏まえて語らないと言葉に説得力も重みもありませんから。そしたらその場にいらした大先輩の成瀬製材所成瀬社長が、「ボセだったら数年前にミセスホームさんの近くのカフェに大きなボセの一枚板のカウンターを納品したことがある」と言われて、これは灯台下暗し!記憶が曖昧でしたがそれでもかなりの長さ、幅を有する上質材だったそうです。そもそも樹高30~46m、直径1.2mにもなるような巨木ですから、大きな板が取りやすい木なのですが、まさかそんな近くで、ボセの一枚板のカウンターに出会えようとは!なるべく早めにお店に伺おうと思っています。ボセのリポートはまたいずれ日を改めてご報告させていただきます。研修旅行はまだまだ続きます・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up