森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

★今日のかけら・#086【ネズコ/鼠子】ヒノキ科/ネズコ属・針葉樹・岐阜産

紫色のパープルハートや真っ赤なサッチーネ、縞柄のゼブラウッドなどの華やかな色柄の木がある一方で、あまり目立たない地味な色柄の木もあります。黒・白系に分類される色の木はまさにそれで、鼠色にちなんでその名が付けられたとされる『ネズコ(鼠子) 』などもその典型。江戸時代に尾張藩により伐採が禁止され手厚く保護された『木曽五木(きそごぼく)』のひとつでもありますが、四国ではほとんど馴染みはありません。四国でも深山には自生しているようですが、ほぼ流通はしていないのが現状です。

油分が多くて耐湿性が高い事から外壁やウッドデッキなどにも使われる北米産の『ウエスタンレッドシーダー(米杉)』という木がありますが、こちらはシーダー(杉)の名がついているものの、植物学的な分類ではヒノキ科ネズコ属で、日本産のネズコの仲間。なので本来は『アメリカネズコ』と呼ぶのがふさわしいのですが、どういうわけかスギでもないのにレッドシーダーと呼ばれるようになってややこしいのですが、今ではそちらの方が知名度が高いので、不本意ながらベイスギの日本版と説明したほうがイメージしやすいかもしれません。

そのネズコですが、なぜこれが鼠色なのかというのが疑問でした。どの事典を見ても、その材色が鼠色に見えるからと記してあるのですが、これのどこが鼠色やねん!と思っていました。まあ色の表現方法も時代によって変わっていて、いわゆる『日本人の青と緑の混用』(平安時代以前の日本人は青と緑を混用していた)という事もありますから、鼠色の解釈が昔と今では多少違っていたのかもしれません。あるいは経年変化した際の銀白色になった状態を言い表したのか?しかしそれならヒノキとて銀灰色になっていきます。

鼠色に対する認識について、先人たちはその微妙な違いを独創的な表現で言い表しています。贅沢を禁止して倹約を推奨・強制するための「奢侈(しゃし)禁止令」が公布された江戸時代には、許されていた紺色系統、鼠色系統の染色が成熟してさまざまな中間色を生み出し江戸文化に花を添えました。中でも鼠色に関しては『四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)』という言葉が生まれたほどに多様な鼠色系統の色が派生しました。その中でも混じり気のない黒と白の中間色の基調となる鼠色のことを「素鼠」と呼びます。

灰みの渋い青色の事は「藍鼠(あいねず」。青みがかった灰色なので「青鼠(あおねず」とか「藍生鼠(あいおいねず」などとも呼ばれます。緑みの灰色の事は、茶人・千利休にちなんで「利休鼠」と呼ばれます。ほんのり紫みを帯びた鼠色は、「鳩羽鼠(はとばねず」。紅梅の花のような赤身のある鼠色は「梅鼠(うめねず)」と実に多彩。そんな先人たちがなぜ、この木を鼠色と表現したのか?今年一年かけてその謎を解明していおきたいと思っています。




今日のかけら番外篇・E048メルクシパインMerkusii pine   マツ科・針葉樹

先日、【森のかけら400】を作る!と宣言していろいろと波紋を巻き起こしていますが、それはそれとして、新しい仲間の候補に上げている木の中には、日頃からよく手にしている木もあります。そう聞くとおかしな話だと思われるかもしれませんが、その1つが『メルクシパイン』です。タイやインドネシア、ミャンマーなど東南アジアに広く分布する熱帯のパインの代表格で、積層フリーボードとしては昔から日本に大量に輸出され、弊社でも昔から取り扱ってきました。最近でこそ減ったものの今でも何かとお世話になっています。

なので非常に馴染み深くて、しょっちゅう手にした木なのですが、そのメルクシパインも【森のかけら】となると、とても遠い存在なのです。積層フリーボードは海外の工場で加工され完成したものが輸入されています。長さは4,200㎜で、幅は500または600㎜、厚みは25または30㎜が企画サイズということになるため、35㎜厚みの【森のかけら】をそこから取り出すことは出来ないのです。その積層フリーボード以外のサイズで日本に入って来ているメルクシパインを私は知りません。あとわずか数ミリの事なのですが、その数ミリが高くて遠いハードル。

北欧風のインテリアがブームになっていた数年前の頃であれば、単に『パイン』と言えばフィンランドやノルウェー産の北欧産の『オウシュウアカマツ(いわゆる北欧産のレッドウッド)』を指していましたが、今は一般の方は『パイン』と聞くとどの種類のパインの事をイメージされるのでしょうか。DIYをされる方ならホームセンターで見かけるこちらのメルクシパインの方をイメージされるのかもしれません。そういう意味ではもしかしたら、同じマツ科でも国産のマツよりもこちらのパイン(マツ)の方が馴染みがあるかもしれません。

私自身にとっても若い頃から馴染みのあるメルクシパインはどうにかして今回の【森のかけら400】には加えたいところなのですが、そうやってメルクシパインの事を考えていたら、突然そのご縁が巡ってきたのは、もう『引き寄せの法則』としか思えない!積層のフリーボードになる前の短尺材のそれがたまたま手に入ったのです。これは、『かけらの神』のご褒美かと舞い上がってものの、よくよく確認してみたらこれも厚みが足らず・・・。それでも少しはハードルが下がって、邂逅まで距離が縮まったような気がするのは私の思い過ごし?




今日のかけら番外篇・E047ラクウショウ/落羽松】 スギ科・ヌマスギ属・針葉樹

芥川龍之介の『河童と水松』の話の時に、湿潤な場所を好む木として紹介した『ラクウショウ』について少し触れます。数年前に神戸植物園を訪れた際に初めてラクウショウを見ました。沼というか池のような場所の中から立ち上がっているその姿は、「これで大丈夫なの?」と感じるような少し異様な雰囲気。これだけ根元が水に浸かっているということは、かなり水を吸い上げていて内部には相当の水を蓄えているのでしょうか?だとしたら乾燥させたらどうなってしまうのだろうか?そもそもこの木って何かに使われているのだろうか?

さまざまな疑問が湯水のごとく湧いてきました。調べてみると、ラクウショウは北アメリカ原産で沼地などの湿気を好む落葉針葉樹です。名前の由来は以前にも書いた通り、マツによく似た葉を持つことに由来し、漢字では『落羽松』と表わされます。ラクウショウの実には油分が多く含まれていて、水の中に実が落ちると水面に油分が浮かんでくるほど。なので、材内にもたっぷりと油分を含んでいて、根元が水に浸かっていても腐らないのだそうです。水が恋しくて恋しくて、水に浸っていても大丈夫な力を身につけたのかもしれません。

原産国のアメリカでは、浅い池の中にラクウショウがズラリと並んで生えているところもあって、その姿はなかなか幻想的。水が恋しいといっても必ずしも水中とか水辺でなくとも育つようです。しかしその場合は水辺で見られるユニークな気根はあまり出てこないようです。神戸植物園ではかなりの数の気根が出ていて、それもあいまってラクショウに異様な雰囲気を醸し出していました。根っこが水中にあるため、根を地上に出して効率的に酸素を取り込もうとしているのだそうですが、どんだけ水が恋しいんや~!健気ですらあります。

その異様な気根が、ムーミンに出てくるニョロニョロのようにも見えたのですが、あれってもしかしてこれがモチーフ?と思って調べてみたら、あれはキノコの一種のようで、ラクウショウとは無関係でした。話を戻しますが、そんなラクウショウは、明治時代に日本に伝えられ各地で植林されたそうです。新宿御苑には立派なラクウショウがあるようです。大きくなると樹高が50mにもなるという巨木ですが、日本の木材市場や建築の世界でこの木をみかけることはほとんどありません。油分が多く有用ならもっと使われているはずでは?

現地では、油分が多いという性質を活かして、船舶資材はもとより、建築構造材、フェンス支柱、船の板張り、川杭、ドア、ブラインド、フローリング、屋根板、ガーデンボックス、棺、室内装飾、家具用などとしても広く使われているようです。日本では主に街路樹として植栽されていますが、用材としては認知されていないという事は、メタセコイアのように材質が軽軟なんだと思います。似たような雰囲気なら日本にはスギがあるので、あえて輸入してまでは求めないということでしょうか。それでも一度は手にしてみたい、『水にあこがれたラクウショウ』。

 




その昔に南京からやって来たという『ナンキンハゼ』を製材してみた話。伐採された小口の色が『ハゼノキ』のようには黄色くなかったので、黄色い木肌は期待していなかったのですが、材質も全然違っていてかなり軽軟。『ハゼノキ』の名前がついているのが不思議なくらい。その名前の由来は、文字通り南京のハゼとい意味で、日本のウルシ科のハゼと同じように種子から「烏臼油(うきゅうう)」という油脂が採れて、蝋燭や灯用、塗料、石鹸などに利用されているそうです

ウルシと同じように油脂が採れることからハゼノキの名前が冠されたようで、材質はハゼノキとは似ても似つかない。根皮や果皮は「烏臼(うきゅう)」と呼ばれ利尿剤になるなど有益であるものの、種子には毒があるようです。材質が思いのほか軟らかいので、【森のかけら】以外の出口についてはちょっと頭を悩ましそうですが、実に毒があるので『森の毒りんご』に使えそう。まあ、しっかり乾燥した後のコンディション次第ではありますが。ちなみに烏臼というのは、ナンキンハゼの漢名

材としてあまり用途が明確でない木というのは、それなりの理由があるわけで、このナンキンハゼも材としても用途としては器具材程度ですので、種子や樹皮、根皮などに比べると材はほとんど利用されていないみたいです。細かく割って削ってみればそれも頷けますが、偏屈材木屋としてはそういう木の方が燃えたりするのです!この木の別名に『トウハゼ』、『カンテラハゼ』、『リュウキュウハゼ』などがあります。トウハゼというのは言葉通りに唐から入って来たという意味。

リュウキュウハゼも入国ルートが名前になっていて、中国から琉球を経由して日本に入ってきたためその名前がつけられたもの。カンテラギというのは、採れた油でカンテラ(携帯用石油ランプ)を灯すためだと思われます。別名とか方言名に、その木の特徴が込められている事が多いので、用途を考えるためには、こういう情報がとても大切になります。さあ、これから乾燥したらどういう表情になるのか。新たな出口はこれからゆっくり考えるとして、【新・森のかけら(仮称】にナンキンハゼ(南京黄櫨)加わるのは確定です!

 




今日のかけら番外篇・E046ナンキンハゼ/南京黄櫨】 トウダイグサ科・シラキ属 

いつもお世話になっている近所の造園屋さんから「結構大きめのナンキンハゼの庭木を伐ったけど要りますか?」という連絡が入りました。お付き合いが長いので、これこれこういう種類のこれぐらいのサイズの木が出たら(伐ったら)教えてくださいと伝えているので、いつもこちらのストライクゾーンに球を放り込んできてもらうので本当にありがたいのです。今までにも木材市場では決して手に入らないようなマニアックな木を分けてもらいましたが、『都市林業』には欠かすことのできない私の懐刀のおひとり。

個人の庭に植えていたのですが、大きくなり過ぎたので今回伐採したということでした。通直ではないけど根元の方は直径が300㎜を越えるものもあると言われてたのでちょっと期待して取りに伺ったのですが、想像以上に大きい!しかも運搬しやすいように短くカットしていただいて至れり尽くせり。ナンキンハゼの木を扱うのは初めてで、どういう性質の木なのかも分っていませんが、これぐらいあれば【森のかけら】にするには充分だし、もっと大きな出口にも使えそう。ありがたくいただいてきました。

ナンキンハゼは中国大陸原産のトウダイグサ科シラキ属の外来広葉樹で、日本には江戸時代に渡来したといわれています。主に西日本で植栽されていて、九州の一部の地域では野生化しているのだとか。【森のかけら】で『ハゼノキ』を調べているときに、ナンキンハゼの名前は目にしたものの、庭木・街路樹という事だったので、その当時はまあ手に入らないだろうと思って気にしていませんでした。それがこうしていま目の前にあるのも『都市林業』に目を向けたお蔭。こちらから望んでいなければ巡り合えない木もあります。

街路樹公園樹、庭木などに植栽されているものはせいぜい5m程度ですが、大きなものは樹高15mに達するものもあるとか。造園屋さんも、結構大きくなったものも見かけるという話でした。伐った直後だったので水分たっぷりでそれなりに重たかったのですが、持ち帰って2週間ぐらい置いていたら(通常はすぐに製材するのですが、今回は忙しかったので💦)乾燥が進んでかなり軽くなりました。ハゼノキのイメージがあったのですが、製材して分かったのは材質がまったく違うこと。とりあえず細かく割ってみました。明日に続く・・・

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up