森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

迂闊でありました・・・。機を見て敏なるは光秀、機(木)を見て動かぬは材木屋。まさにこれ以上も無い追い風が吹いているのに、のうのうとテレビの前で、ちいくら4k押しとはいえちょっと衣装が鮮やかすぎじゃねえ、なんてほざいておりました。まさに切腹者でござる。そう、世はまさに『麒麟ブーム』(そこまでではないか)、今こそ作りすぎて城が兵糧倒れになりそうであった「かけら城」を開放するときであったのでござる!最近妙に家紋マグネットの注文多いなあ、なんて呑気な事を言ってる場合ではなかった💦

という事で、本当にうっかりしていたのですが、『麒麟が来る』放送に便乗したコバンザメ作戦を決行致します!それがこの『森のしるし戦国家紋シリーズ』。雄郡が割拠した戦国時代に活躍した戦国大名の家紋をあしらった木のマグネットです。この商品化を思いついた時に、男子ならば絶対燃える(萌える)戦国武将のしるし。あればあるだけ買わずにいられない~!と、自分が思うぐらいですからコンプリートしたい男子、あるいは歴女が全国には相当な人数いるはず!という強い思い込みだけで作った『戦国家紋シリーズ』!

調子に乗って、10種類のシリーズは第三弾。更にそこから派生して、『明治維新の偉人シリーズ』や『動物家紋シリーズ』や『植物家紋シリーズ』まで広げてしまいました。全国各地の歴史のイベントなどからもお声がかかり、結構な数が売れたのですが、それがいけなかった。この売り時を逃してたまるかの勢いで増産に次ぐ増産。それが勇み足となって大量の在庫が残ってしまうことに。それでもまだ心のどこかに余裕があったのは、戦国時代ブームは必ず繰り返して起こる事を経験則として知っていたから。

歴史は繰り返す。それがNHKの大河ドラマの舞台であったり、武将の生誕〇〇年記念などの大掛かりなイベントだったり。そこでうまく波に乗れば家紋熱も再燃するはずという読みがあったのです。その事をすっかり忘れておりました。世が世ならば切腹者です💦しかも今回の『麒麟が来る』の主役である明智光秀に関しては、その子孫が書いた本能寺の変の謎解きでも散々盛り上がっていたのに・・・。更にもっと大きな失態としては、肝心の光秀の家紋が無いのです!いや、光秀が使っていた桔梗紋はあるにはあるのですが。

どういうことかというと、朝鮮半島での虎退治の逸話で有名な豪傑・加藤清正の紋として、戦国武将第一段に使ってしまっているのです。戦国時代にはひとりの武将がいくつもの家紋を使っていて、加藤清正はもうひとつの『蛇の目紋』の方が有名だったのですが、最初にこの商品化を考えた時にシンプルな蛇の目ではなく華のある桔梗紋を選択してしまったのです。そういう事なので、この戦国武将シリーズには明智光秀の家紋は含まれてはいませんが、桔梗紋はしっかりと含まれていますので、麒麟便乗商品『森のしるし』、1個¥200(税別)で発売中~(^^♪




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年2月
« 1月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
Scroll Up