森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

Exif_JPEG_PICTURE先日は天皇陛下がお泊りになる事で有名な創業380余年の老舗旅館『ふなや』で開かれた『日本酒で楽しむ和食』というイベントに参加させていただきました。このイベントは、フジと愛媛新聞の主催で開催されている『愛媛エプロン教室』の一環で、愛媛を代表する酒造会社・梅錦山川㈱山川浩一郎社長とふなや久保田昌司料理長を講師にお招きして、こだわりのお酒に合う料理を楽しみながら、おふたりのプロからお話をお聞きするというもの。

 

Exif_JPEG_PICTURE私は今回初参加でしたが、いつも人気のある企画だという事で、今回も定員70名に対してなんと300名を超える応募があったらしく4倍を超える競争倍率を勝ち抜いての参加でした。その幸運のチケットを手に入れてくれたのは大学時代からの悪友である岡慎治君。格式ある老舗旅館の金屏風が飾られた間に、選ばれし見知らぬ大人たちが集まりました。梅錦山川㈱さんは、明治5年に創業し、5代も続く愛媛でもっとも大きな酒蔵です。

 

Exif_JPEG_PICTURE第一部はその山川社長が、「日本酒の楽しみ方」と題して日本酒の造り方やその種類についてお話しいただきました。山川社長はお酒に対する卓越した知識をお持ちで、日本酒業界でも有名なお方です。私はお会いしたのは初めてでしたが、その穏やかな語り口から温厚な人柄と、お酒造りが好きで好きでたまらないという熱い思いが伝わってきます。限られた時間には到底収まらない酒への強い思いが次から次から溢れだし言葉が尽きません。

 

Exif_JPEG_PICTUREそれは久保田料理長も同様で、第二部では当日用意された3種類のタイプの違うそれぞれの日本酒(大吟醸、生原酒、純米酒)に合わせた料理を作られその解説を丁寧にしてくださったのですが、そのこだわりぷりはさすが老舗旅館。味は勿論のことですが、目で楽しませることにも徹しておられて、生原酒に合わせた料理の更には季節感を演出する『柊(ヒイラギ』の葉が添えてある憎い演出。ヒイラギに鰯の頭は節分の魔除けです




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up