森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今日のかけら♯225【メルバオMerbau マメ科・広葉樹・東南アジア産

別名はクイラー(Kwila)で、昔はこの木に着色した床柱があったのですが、とにかくやたらめったら重たくて、扱うのが嫌だった記憶があります。当時は、何か別の商業名もついていたと思うのですがそちらは失念しました。メーカーの人に、本来の木の名前はと尋ねると「クイラー」だと教えてもらったので、私の中ではずっとクイラーという認識でした。その後、和室の減少に伴い床柱の需要も激減して、クイラーの床柱を見かけることもなくなりました。あれだけ持つのも嫌だったクイラーの床柱も無くなってしまえば妙に懐かしく思ってしまうものです。

それから月日は流れ、【森のかけら】を作ることになって久しぶりにクイラーを扱う事になります。かけらにに使っているのは、昔加工ミスした床柱の一部です。かまぼこ型に加工した表面をガチガチにウレタン塗装で固めているのですが、そこに鑿を入れると、塗装面が弾けたりして使い物にならなくなってしまった床柱の欠品が残っていて、それを転用してかけらを作っています。なので日々かけらとしては目にしたり、触る事があるのですが、角材や板材としてクイラーに出会う事はすっかり無くなってしまいました。

【森のかけら】を作る際にいろいろ調べていたら、一般的にはクイラーではなくて『メルバオあるいはメルバウ)』の名前の方が浸透しているようで、全国各地の木材関係者に訊いてみても、多くの人が『メルバオ』で認識されていました。もの本によると、メルバオとは『マレー語地域におけるIntsia 属の樹種の総称』らしく、元来はIntsia palembanucaという樹種につけられている通称名で、それ以外はメルバオ〇〇などのように呼ばれていることが多いとありました。クイラー(Kwila)というのは、ニューギニアで使われる名称。

フィリピンではイピル(Ipil)と呼ばれるようです。それで、【森のかけら】を作る際に、日本では一般的に認知度の高いメルバオ(Merbauの方に改めることにしました(メルバウとも表示されますが)。業界の中では、『太平洋鉄木』の和名で呼ぶ方も多いかもしれません。気乾比重が0.74~0.90もあり文字通り鉄のように重たい事が名前の由来です。その名が示すように、タイ、インドシナ、アンダマン諸島、マレー半島から東南アジアの島々を経てニューギニアまで広く太平洋に面した国々に分布しています。続く・・・




昨年は、不思議と『クスノキ』にかなりご縁がありまして、地元の神社をはじめ、公園木や街路樹などからもクスノキの丸太が大五木材に沢山やって来ました。大きさも形も大小ですが、一枚板のテーブルに使えるなんてサイズのものはほとんどなくて、建築・家具以外の出口向きの木が主ですが、弊社にとってはありがたいご縁。手に入った丸太はいつものように兄貴分の瀬村要二郎さんの瀬村製材所さんに持ち込んで、全部板に挽いてもらいます。板になったら会社に持ち帰って一枚ずつ表情を確かめながら桟積みして、乾燥させていきます。

なので実際に使えるまでには、長ければ軽く1、2年はかかるので、その頃にはどうやって入手したのか思い出すのに苦労するぐらい。忘れるぐらい乾かせるというのが基本なので、いついつまでに挽かないといけないという事もないので、挽くタイミングはお任せしていたのですが、そしたら今はちょっと忙しいからという事で・・・気がつきばもうすぐ1年(笑)。耐湿性に強いクスノキだからということもあったのでお互い焦ってもいなかったのですが、ようやく挽き始めてもらいました。そのうちの一部が還って来ました。

まあ急いで挽いてもらっても、こちらの保管スペースの都合があるのでボチボチでいいのです。建築に使うような通直な木ではないので、1枚1枚が「癖のかたまり」ですから、私の目で1枚ずつ確認してどういうものがあるのかという事をザックリと認識しておかねばなりません。こんな形のこういう板が欲しいという折角の出口が舞い込んで来てもその存在に気づかないことがあるので、手持ちの材を把握しておくのがなによりも重要。今は簡単に携帯カメラで保存管理できるので全然楽になりました。

昔はカメラで撮ってフィルムで現像に出してたので、時間も費用もかかっていましたので、その頃から考えれば雲泥の差。全部の在庫というわけにはいきませんが、ある程度以上のサイズになれば、画像送りますなんて出来るようになったので特殊な木が売りやすい時代になったと思います。私が入社した頃はイラストでやり取りしてましたので、互いに共通言語や木の知識が求められました。その根底にあるのは信頼関係。こちらの要望を伝えて、その要望に応えられ目利き力が営業マンに求められました。

画像で簡単に確認できるのは便利ですが、それでいいか悪いかはそちらで判断してね、というのは正直なところ営業マンとしては自己存在の否定のようなものなので、自分で売る時もなるべくその木に対する言葉を添えるようにしています。それが最近は送る写真の枚数や量、スピードがどんどん増えていって、言葉を添え忘れたり、間に合わない事も増えていて反省してます。それならせめて『今日のかけら』のリンクだけでも貼り付けつようにしているのですが、そのためにも早く『今日のかけら』完成させないと💦




恥ずかしながら私は『ネズコ(鼠子)』を、【森のかけら】以外に使った事がないので、その材質や特徴がどうだのこうだの説明出来るだけの生の感覚を持っているわけではありません。なのであくまで小さな「かけらのネズコ」を通してのわずかな知見となりますが、その個性的な名前以上に気になるのは、「とにかく軟らかいので傷をつけないように慎重に扱うという事」です。気乾比重0.30~0.42というデータがありますが、今「かけら」にしているものが粗目なせいかもしれませんが体感的にはもっと軽く感じます。

恐らくもっと年輪の詰まったものであればもう少し印象も違うのかもしれませんが、ちょっと黒みを帯びたスギのよう。別名となっているクロベ(黒桧)には、樹皮がヒノキのそれのように少し薄黒い色をしているのと、葉の裏側が桧よりも黒いのでクロベという説や、富山県には分布量が多く、特に黒部川上流域に多く自生している(それが黒部の地名になったとの説もある)からだという説もあるようですが、前の説が有力視されています。個人的には黒四ダム建設の話が映画にもなって好きなので後者を支持します(笑)。

35㎜角のキューブになってしまうと、ネームシールでも貼っていなければよほどの目利きでもなければそれがネズコであると識別出来る人はほとんどいないと思います。むしろ同類のウエスタンレッドシーダー(ベイスギ)との区別は年輪の密度とその特徴的な匂いで容易に判断できると思います。生木の段階ではどうなのかは知りませんが、乾燥したネズコはほぼ無臭。良質で大径木のネズコだと、天井板や長押、建具材、羽目板などの装飾材や飯櫃や桶、下駄や家具などにも利用されるそうですがそんな立派なネズコにはお目にかかったことがありません。

四国の深山にも自生しているようですが、もし伐採されたとしてもスギと一緒くたにされて出材されて、そのまま誰も気づかず、ちょっと雰囲気の違うスギぐらいの感覚で使われている可能性のあるような気がします。時々スギの中にも雰囲気の違うようなものが混じっていることがありますが、もしかしたらその中にネズコも混じったいたのかも。【森のかけら】でも作らなかったら、私もネズコの事を意識することはなかったかもしれません。灯台下暗し。案外すごく身近なところで気づかずに脇をすり抜けている木があるかも?!




★今日のかけら・#086【ネズコ/鼠子】ヒノキ科/ネズコ属・針葉樹・岐阜産

紫色のパープルハートや真っ赤なサッチーネ、縞柄のゼブラウッドなどの華やかな色柄の木がある一方で、あまり目立たない地味な色柄の木もあります。黒・白系に分類される色の木はまさにそれで、鼠色にちなんでその名が付けられたとされる『ネズコ(鼠子) 』などもその典型。江戸時代に尾張藩により伐採が禁止され手厚く保護された『木曽五木(きそごぼく)』のひとつでもありますが、四国ではほとんど馴染みはありません。四国でも深山には自生しているようですが、ほぼ流通はしていないのが現状です。

油分が多くて耐湿性が高い事から外壁やウッドデッキなどにも使われる北米産の『ウエスタンレッドシーダー(米杉)』という木がありますが、こちらはシーダー(杉)の名がついているものの、植物学的な分類ではヒノキ科ネズコ属で、日本産のネズコの仲間。なので本来は『アメリカネズコ』と呼ぶのがふさわしいのですが、どういうわけかスギでもないのにレッドシーダーと呼ばれるようになってややこしいのですが、今ではそちらの方が知名度が高いので、不本意ながらベイスギの日本版と説明したほうがイメージしやすいかもしれません。

そのネズコですが、なぜこれが鼠色なのかというのが疑問でした。どの事典を見ても、その材色が鼠色に見えるからと記してあるのですが、これのどこが鼠色やねん!と思っていました。まあ色の表現方法も時代によって変わっていて、いわゆる『日本人の青と緑の混用』(平安時代以前の日本人は青と緑を混用していた)という事もありますから、鼠色の解釈が昔と今では多少違っていたのかもしれません。あるいは経年変化した際の銀白色になった状態を言い表したのか?しかしそれならヒノキとて銀灰色になっていきます。

鼠色に対する認識について、先人たちはその微妙な違いを独創的な表現で言い表しています。贅沢を禁止して倹約を推奨・強制するための「奢侈(しゃし)禁止令」が公布された江戸時代には、許されていた紺色系統、鼠色系統の染色が成熟してさまざまな中間色を生み出し江戸文化に花を添えました。中でも鼠色に関しては『四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)』という言葉が生まれたほどに多様な鼠色系統の色が派生しました。その中でも混じり気のない黒と白の中間色の基調となる鼠色のことを「素鼠」と呼びます。

灰みの渋い青色の事は「藍鼠(あいねず」。青みがかった灰色なので「青鼠(あおねず」とか「藍生鼠(あいおいねず」などとも呼ばれます。緑みの灰色の事は、茶人・千利休にちなんで「利休鼠」と呼ばれます。ほんのり紫みを帯びた鼠色は、「鳩羽鼠(はとばねず」。紅梅の花のような赤身のある鼠色は「梅鼠(うめねず)」と実に多彩。そんな先人たちがなぜ、この木を鼠色と表現したのか?今年一年かけてその謎を解明していおきたいと思っています。




今日のかけら番外篇・E048メルクシパインMerkusii pine   マツ科・針葉樹

先日、【森のかけら400】を作る!と宣言していろいろと波紋を巻き起こしていますが、それはそれとして、新しい仲間の候補に上げている木の中には、日頃からよく手にしている木もあります。そう聞くとおかしな話だと思われるかもしれませんが、その1つが『メルクシパイン』です。タイやインドネシア、ミャンマーなど東南アジアに広く分布する熱帯のパインの代表格で、積層フリーボードとしては昔から日本に大量に輸出され、弊社でも昔から取り扱ってきました。最近でこそ減ったものの今でも何かとお世話になっています。

なので非常に馴染み深くて、しょっちゅう手にした木なのですが、そのメルクシパインも【森のかけら】となると、とても遠い存在なのです。積層フリーボードは海外の工場で加工され完成したものが輸入されています。長さは4,200㎜で、幅は500または600㎜、厚みは25または30㎜が企画サイズということになるため、35㎜厚みの【森のかけら】をそこから取り出すことは出来ないのです。その積層フリーボード以外のサイズで日本に入って来ているメルクシパインを私は知りません。あとわずか数ミリの事なのですが、その数ミリが高くて遠いハードル。

北欧風のインテリアがブームになっていた数年前の頃であれば、単に『パイン』と言えばフィンランドやノルウェー産の北欧産の『オウシュウアカマツ(いわゆる北欧産のレッドウッド)』を指していましたが、今は一般の方は『パイン』と聞くとどの種類のパインの事をイメージされるのでしょうか。DIYをされる方ならホームセンターで見かけるこちらのメルクシパインの方をイメージされるのかもしれません。そういう意味ではもしかしたら、同じマツ科でも国産のマツよりもこちらのパイン(マツ)の方が馴染みがあるかもしれません。

私自身にとっても若い頃から馴染みのあるメルクシパインはどうにかして今回の【森のかけら400】には加えたいところなのですが、そうやってメルクシパインの事を考えていたら、突然そのご縁が巡ってきたのは、もう『引き寄せの法則』としか思えない!積層のフリーボードになる前の短尺材のそれがたまたま手に入ったのです。これは、『かけらの神』のご褒美かと舞い上がってものの、よくよく確認してみたらこれも厚みが足らず・・・。それでも少しはハードルが下がって、邂逅まで距離が縮まったような気がするのは私の思い過ごし?




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up