森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

堀江幸治君は愛媛県大洲市で仕出し料理店「ほりえ」を経営する傍ら、ミュージシャンとしても活躍するなど多彩な才能を持った人物。そんな堀江君が大五木材にやって来たのは、お店を一部改装するにあたって何か面白い木を探していて、一緒に音楽活動をしていた清家ユカリさんがうちに誘って連れてきてくれたのが最初の出会いでした。それまでまったく面識がなかったものの、二言三言話しただけで同類だということはすぐに分りました。更に倉庫の中に案内して、木を見る姿を見たときに、ああ真性のそれだと気がついたのです。

その時には確かまだ店の改装の件は、設計段階だとかで、何の木を選ぶというような状態ではなかったと思うのですが、まあ普通の人なら足も止めないであろう木に視線を送るその背中に、必ずこれはまた来てくれるとの確信を得たのです。驚くかな、その確信は次の日にやって来ました。今近くに来ているのだけど寄ってもいいですか?まだ図面もできていないはずなのにどうしたのかと思ったら、昨日見た『森のりんご』が気に入ったので購入したいとのこと。そう、彼は危険を顧みず自ら進んで底なし沼に突撃するタイプの木フェチ野郎だったのです!

そしてそれから数か月が経って、正式に図面も出来たので材料を選びに、設計士さんと大工さんを伴って再び大五木材にやって来られました。それまでに数回、木の小物などを購入していただいていたので電話やメールなどでやり取りはしていて、まともな木材など得るために大五木材に来るわけではないということは互いの共通認識となっていました。探しているのはインパクトがあって、癖が強くて、普通ならば誰もが敬遠するであろう訳アリの木。倉庫の中を隅から隅まで嘗め回すように探す堀江君と、次から次へと曲者を紹介する私。

数ある曲者の中で堀君のハートを鷲掴みにしたのは、ビーチのスポルテッド腐朽菌によって筋状の黒い染みが出来たスポルテッドは、自然が偶然作り出したネガティブな芸術作品。実はこのビーチのスポルテッドの板材、仕入れてまだ日が浅く、本音を言うと私自身が楽しみ尽くしていなかったのでまだ売りたくはなかったのですが、堀江君の惚れ込みようを見た時に、恐らく彼以上にこの木に愛情を注いでくれる人はいまいと感じ、手放す決断をしました。ついでにブルースティンのモミジバフウの板もまとめて大量にお買い上げ!収まるべきところに収まった。続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up