森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

本日も㈲カントリーウッドガーデンさんが新しく出されたカフェの話ですが、名は体を現わすで、室内外にたっぷりと木が使われています。個人の住宅だとメンテナンス等を考えるとつい二の足を踏んでしまうような使い方が出来るのも、オーナー自らが腕を振るって施工しているからこそ。こういうタイプの商業店舗が沢山増えたら、うちの倉庫で出番を待ちあぐねている変わりモノたちにも出番が巡ってくるのに。そう考えると、菊野君には早いとこ、たっぷり木を使うカフェ2号店、3号店も出してもらわねばなりません!


カフェと言っても、それは店に入りやすいための入口であって、本業は木の家具やドールハウスのミニチュア家具がメイン。店内にもテーブルや椅子が沢山展示販売されています。ひと昔前だと、カントリー家具というと、俗に言うパイン(ロシア産のオウシュウアカマツや北欧産のレッドウッドなど)が主流でしたが、最近はパインからもっと硬質で木柄がクッキリしている『ホワイトアッシュ』などに変わってきているようです。弊社でも以前はよくロシア産のマツを仕入れていましたが、最近は挽き板としての輸入が激減していて、安定的に確保できなくなりました。

ちょうどお客さんの嗜好も変化していた時期なのでソフトランディングでホワイトアッシュやホワイトオークなどの北米産の中・硬質な広葉樹にシフトさせていきました。そのホワイトアッシュに、総被害量立木で1億本とも言われる大規模な甲虫の食害が北米で出て価格が高騰するのではという憶測が流れたという話を以前にブログで書きましたが、その話に急展開がありました。どこまで確実な内容なのか定かではありませんが、この冬北米を襲った10数年来の記録的な大寒波によって、その甲虫(エメラルドアッシュボーラ―)が死滅してしまうのではないかという話。

低温に加え強風が吹いて感温度が-50℃以下に達するとこもあるらしく、あまりの寒さでエメラルドアッシュボーラーの幼虫たちも乗り越えられず一掃されてしまうのでは(しまったのではないか)という推測がされています。これが本当だとしたらエメラルドアッシュボーラ―には可哀想な話ではありますが、木材業者にとっては大きな危機が回避できたようです。地上で無双だと思われていた存在が自然環境によって全滅しリセットさせられる。大きな痛みを伴いながらも自らの力で治癒させてバランスを取ろうとする見えざる力を感じずにいられません。自然は偉大で恐ろしい・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up