森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

 

今回のモクコレ出展は久しぶりの東京でした。展示物等の搬出は最終日にマンパワーで片付けましたので翌日は、東京のお客さんにご挨拶回りをすることに。弊社にとって『端材の最大の出口』となるカードスタンドを納めさせていただいているTOLOT(トロット)さん。いろいろな事を展開されているのですが、メインは写真を簡単にフォトブック、カレンダー、ポストカード、フォトカードにできるフォトブックサービス。デザイン、印刷、製本、検品、梱包、発送までをすべて自社でこなされていて、弊社では卓上型のカレンダーの木製スタンドを作らせていただいています。

TOLOTさんの本社は江東区の東雲にあります。ナビを頼りに伺ったのですが、場所はここのはずだが事務所が見当たらないと何度か通り過ぎてしまいました。というのも本社は倉庫をリノベーションして作られていて、正面玄関は鉄工所を思わせるような巨大な鉄の扉で覆われているのです。一見するとオシャレなフォトブックの会社の本社だとは思いません。外観は普通の倉庫にしか見えないのですが、工場の2階はコンテンポラリー・アート&フォトのギャラリーになっていて、さまざまなイベントなどが開催されているのです。外観と中身とのギャップにまず驚かされました。

中には最新式の印刷機が高速で動いていて、もの凄いスピードでフォトブックが製本されていきます。説明をしていただいたのですが、比較的シンプルな製材の機械ですらよく分らないメカ音痴の私には理解出来ませんでしたが、日本にも数台しかないようなとにかく凄いものであることだけはよく分りました。そんなハイテクマシンから生み出されるものと、弊社の工場で人海戦術で日々せっせと手作業で作っている木製品が組み合わさる事の不思議さ。というか、うちのちびっこスタンドはよくぞこんなモハイテクンスターと同じ土俵に立っているなと感動すら覚えました

なにせTOLOTさんのサービスに対する登録会員数は200万人を越えているのです!住宅業界に関する数字で言えば、新設住宅着工件数はかつて絶対に年間100万戸を割ることはないという「100万戸の神話」がありましたが、それも2009年に100戸を割ると神話はあえなく崩壊。2030年には55~65万戸ぐらいにまで減少するとの予測もあります。これが国全体の数字なのですから、会員数200万人というのがどれほど凄い数字なのかという事も分るのと同時に、住宅という限定された『森の出口』に固執することの危険性も感じずにいられません

1棟が数千万円もする新築住宅と1部数百円の商品を比べること自体ナンセンスと思われるかもしれませんが、マーケットの器としてのキャパは比較になりません。誰にだって買えるという事はまだまだ市場は広がるという事。材木屋としては限定された市場の中で激しい価格競争を生き抜くには余程付加価値の高い特殊材を扱うしかありません。それもひとつの選択肢ですが、脇道を見れば木をウエルカムで迎えてくれる広大な出口があるという事も事実。勿論その道とて平坦ではないものの、そこに踏み出すことすらせずに業界の未来を絶望し嘆くのは止めようと思うのです。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up