森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

松山市内の道後樋又にあった不思議なファンタジックなパン屋『雲珠(うず』さん。風の便りに東野方面に移転していたとは聞いていたものの、なかなか足を運ぶ機会がありませんでしたが、そんなファンタジックなパン屋のファンキーな夫婦の方からまさかこちらにやって来ようとは・・・!先日の昼前にあるひと組のご夫婦がご来店。たまたま勝岡の運転免許センターに免許の更新に行く途中、車窓から見えた耳付き板の山に惹かれて、吸い込まれるような勢いでハンドルを切られたのです。

最初は、木が見たいとにわか知識を振りかざしてやってくる冷やかし野郎かと思っていたら(失礼!)、これがとんでもない木材大好きフェチ夫婦でして、そこから昼飯もすっ飛ばして長くて熱い木トークが始まってのです。少し話せば本気がどうかはすぐ分かります。埃まみれの倉庫に案内すれば、オシャレな服が汚れるのもまったくお構いなしにズンズンと奥に入り、嘗め回すように木を選別。しかもむしろ奥さんの方が積極的なほどに!これこれ、こういう出会いがあるのが道路沿いの店の醍醐味!

聞けばご自分で加工もしたいとの事。それで道具はどれぐらいお持ちなのか、腕に覚えがあるのかなどと話していて、そこでようやく雲珠の店主夫婦であることが発覚!しかもお二人とも東京出身で、以前に松山に旅行した時の印象があまりによかったので、この地でパン屋を開こうと移住してきたという、やっぱり予想通りファンキーなご夫婦だったのです。奥さんの東京の実家の隣に材木屋があって、小さな頃からそこで遊んでいたので木の匂いや手触りが大好きなのだという、材木屋が泣かせの小ネタにも感激!


東京のひとだから木に触れる機会も少ないだろうなんて、私は自分の凝り固まった固定観念をハンマーで打ち砕きたい衝動に駆られたのです。あれもいい、これもいいということで結局その日は決められず、改めて後日再び店に来てもらい、ゼブラウッド楡(ニレの耳付き板をご購入いただきました!それで先日お店にお届けにいかせていただいたのですが、まじまじとお店を拝見・玄関には奈良の『徳田銘木』さんから買ったという変木が!まさかこういう形で徳田さんの商品と邂逅しようとは・・・!

移転前のお店も十分のファンタスティックでしたが、更にパワーアップ!パンの写真も撮らせてもらおうと思っていたのですが、社員のおやつのパンを買って帰るという使命も受けており、次々やって来られるお客さんに負けてなるかと買い漁っていたら肝心のパンを撮るのは忘れていました。店内至る所に木が使われていて、材木屋が始めたパン屋のようですらあったのですが、壁面に描かれた絵も自分たちで描いたということで、これはいずれコラボ商品開発の申し込みをせねばなるまい!年末の素敵な出会いに感謝!!




パターンブロックの木枠の話の続きです。当初は数枚作ればいいんだろうなんて軽い気持ちで作り始めたのですが、日に日に全国各地のパターンブロック愛好家の方から注文メールが舞い込んできて、それから毎日木枠の製作に追われることになったのです!少し厚めの杉板を接着剤で貼り合わせてプレーナーで削ってから、木工が趣味の弊社のベテランの事務員さんが糸鋸で八角形に切り抜き、磨いて仕上げていきます。八角形の木枠と切り抜いていない幅剥ぎそのままの2枚でひと組になります。

最初の数枚は試行錯誤しながら作ってみたのですが、注文が急増して次第に製造も軌道に乗って大量生産できるようになりました。10㎜足らずの薄い板を剥ぎ合わせしているだけなので、どうしても剥ぎ目で割れやすかったのですが、徐々にそれも改善。ちょうどいいサイズのスギ板の在庫が大量にあった事もあり、タイミングもよかったのですが、思わぬスギの薄板の活用方法に括目させられました。【森のかけら】や『モザイクボード』などオリジナル商品の製作に執着する私からは出てこなかった発想です。

ついつい何か劇的に新しいものをとか、斬新なアイデアのあるものを、なんて仰々しいスタンスでものづくりを考えてしまいがちで、こういう「あれば便利、あればもっと楽しい」なんて視点が欠落していました。そこは身近で木のものと子どもたちを触れ合わせているママさんの視点。どうも私のものづくりは肩に力が入りすぎてしまっているようです。まあそこは健全な森同様にいろいろなタイプ(の視点)が在るほうがいいのだとは思うのですが、簡単にできるものからも大きな喜びは得られるもの。

メーカーによって多少大きさにバラつきがあるようで、まだ多少の調整は必要らしいのですが、とりあえず年内の注文はこなせたようなので、来年の注文に備えて大量にストックを用意。しかしもっとも驚いたのはこのパターンブロックという商品が世の中に大量に出回っていたということ。シンプルな商品ですが、自分のアイデアでいろいろアレンジできて自由に楽しめる、結局そういうもののほうが賞味期限が長いってことのようです。パターンブロックの木枠は、木のもの屋・森羅で発売しています♪ご注文は、こちらからどうぞ




大五木材では、木製玩具や木製クラフトなどを扱い、木育や木のイベントなどを手掛ける『木のもの屋・森羅(しんら)』というショップがあり、事務所の玄関とは別の入口から気軽にお店に入ることができます。私の家内が担当しており、通常は会社と同じ8時から17時が営業時間です。入口が道路に面していることもあって、散歩をしている方が寄っていただいたりするようになるなど、少しずつ『木のモノを売っているお店』として定着してきました。店内では全国各地で作られた木製品を販売しています。

木のもの屋・森羅』のイベント情報や商品の紹介等については、担当の高橋佐智子がインスタグラム(@daigomokuzai_kinomonoyasinra)などで発信していますが、その広がりは侮れません!大五木材本来の客層とはひと味違った広がりがあって、そういう木の使い方、楽しみ方もあるのかと勉強になることも少なくありません。先日もインスタグラムから思いがけない『森の出口』が広がりました。それがこちらのパターンブロックの木枠です。愛媛県産のスギを剥ぎ合わせて作っています。

これこれこういうサイズのものがいるという事で、家内からの支持を受けて、作ったもので出来上がってからその使い方をしったぐらいで、恥ずかしながらパターンブロックの存在そのものを知りませんでした。改めて調べてみると、アメリカで開発され各州の算数数学カリキュラムに取り入れられている優れた学習材だそうで、赤や青、黄色などのカラフルな色で塗られた三角や四角、ひし形などを使ってさまざまな図形が作れて、遊んでいるうちに知らず知らず図形のセンスが身につくという知育玩具でもあります。

それがパターンブロックという名前の商品だとは知りませんでしたが、そういえばこんなにカラフルだったりオシャレではなかったものの、四角や三角の形を組み合わせて動物の形を作る遊びは昔にしたことがあります。この商品そのものは国内でもいろいろなメーカーが作っているものの、それを収める専用のフレームが無かったらしく、取り外ししやすいように薄い板で六角形の木枠を作ったところ、ママさんたちがインスタグラムで広めていただいて一気に全国から木枠の注文が殺到したのです!この話明日に続く・・・




平成10年1月から書き始めた弊社の定期通信誌『適材適所』ですが、本日最終となる235号を脱稿。思えば足掛け20年。あっという間でした。書き始めたきっかけは、家内と二人でそれまでの仕事ぶりを振り返った時に、何も残っていないという虚無感から、少しでもいいから自分たちが仕事を通じた感じた事、考えていることを何かカタチとして残していこうという事でした。当初は商品のPRや施工現場の紹介、木の話、塗料の事などネタも試行錯誤の手探りで、今読み返してみると恥ずかしくなるほど拙い内容です。

写真を切り貼りしてコピーしたものを郵便で送るという「前近代的なアナログ通信」でありましたが、中身のレベルは別にすれば当時の情報発信としてはいずこもそんなものでした。それからインターネットの普及とともに、メールマガジンやブログ、フェイスブックなどと発信方法はデジタル化していったのですが、生来のアナログ人間である私たち夫婦にはこの「手書き感」が合っていて相も変わらず時代錯誤の郵送を続けてきました。そしたら時代がひと回りして手書きのものが見直されたりしてきたりと、時間の経過を感じます。

平成20年にもっとファンの分母を増やす目的でホームページを開設してからは、ネットによる圧倒的な情報発信力を痛感し、デジタルだから出来ること、アナログだから出来ることを分けて考えるようになりました。それでもさすがに毎日木の事を10年も書いていると、ネタがかぶってくる事も増えてきて、うまく住み分けできなくなっていたと反省しています。アイデア自体はまだあったものの、40歳後半から始まった老眼は致命的手、小さな文字を書くのに眼鏡を外すようになって、原稿を書くのがかなり厳しい作業となりました。

それでも何とか毎月記事を作らねばという使命感が、木の本を読ませ、人との出会いを背中押しし、その積み重ねがやがて【森のかけら】という花を咲かせることになったのです。この20年間の【適材適所】の蓄積は材木屋としての私の血であり肉であります。家内の二度の出産中の数か月の休回を除いては、後半は月遅れになることもしばしばでしたが、どうにか続けてこれました。それは、「毎月楽しみにしているよ」とか「ファイルに綴じています」なんて奇特な木材ファンの方々の励ましのお陰に他なりません。

間違いや情報の修正、追加補足をボタンひとつで瞬時に出来るブログに比べると、いつまでも書いた言葉が残る紙は、緊張感を強いられる作業でしたが、そのお陰でいままでいろいろなものを得ることが出来ました。初めて20年、ちょうどこのあたりがひとつの区切りだと思い、紙面の情報発信はここで一端終わりにすることとしました。ブログについてはしばらく休んでいましたが、また復活して過去の分も少しずつ埋めていく予定です。これが出来るのがブログ強み!今まで『適材適所』をご愛読いただいた皆様に心より感謝申し上げます。




まだまだモミジバフウの話です。一時期、【森のかけら】においてモミジバフウが欠品してしまい、慌てたことが信じられないくらいに今は大五木材にはモミジバフウが溢れています。この木の多くが街路樹公園木、校庭木などのため、木材市場に出回ることはほとんどなくて、植栽されたそれらの木が事情で伐採される時にたまたま入手するという形でしか手に入らないので、入る時と入らない時のギャップが激しいのです。【森のかけら】にリストアップしているために供給責任があるので、ある時には少しでも確保しておきたいのです。

それらモミジバフウに限った話ではなくて、街路樹や公園、校庭木については、ご縁があった時には無謀と思えるぐらいのボリュームでもいただいておかないと、次いつ出会えるか分かりませんので、ついつい必要以上に無理してでも確保するようにしています。以前はその出口が【森のかけら】と『モザイクボード』が主でしたので、それだと出ていく量はわずか。結果的に街路樹ばかりが溜まってしまうというバランスの悪い樹種が偏った在庫になっていたのですが、新たな出口開拓でそれも徐々に解消されています。

世の中に使えない木なんて1本もなくて、使えない頭があるだけで、すこしひねりを利かせたり、物語性を付加したり、背景や育ちを掘り起こせば、その木ならではの必然性は必ずあるもの。モミジバフウの中にも形がいびつなモノや大きな節があるもの、虫害を受けたものなど一見すると利用価値の無さそうなものもありますが、削ってグラインダーで耳を磨けば飾り台に変身して、こんなものがと思われるかもしれませんが、雰囲気があって面白いと既に数十枚が売れました。

用途が無いのではなく、用途に気づかないだけと自己猛省。そして当然白カビに覆われたモミジバフウにもそれなりの出口はあるのです。例えば完熟モミジバフウの小口を切断してみれば、そこにはこんな魅力的は表情が隠されているのです。地味で利用価値が無いと思われているモミジバフウの中に潜む『もうひとつのモミジバフウ』、しかしこれが世に出ることはほとんどなく、世にも知られることがありません。私自身まだまだ頭が固すぎる、もっとウルトラC的出口を探さねば~!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2017年12月
« 8月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up