森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今回の東京出張では宿泊費をなるべく安く浮かそうという作戦が裏目に出て、会場のビッグサイトに行くには結構不便なホテルを選択してしまいました。最寄りの天王洲アイル駅まで徒歩20分、トホホ・・・な気分でしたが、人生まさに塞翁が馬。いつもは自宅から会社まで通勤時間10秒なので、泊まった3日間は覚悟を決めて街路樹などを眺めながらのんびり「通勤」を楽しむことにしました。初日に、天王洲アイル駅の近くでちょっと気になる看板があってカメラに収めたのですが、それが何を意味しているのかよく分りませんでした。

ちょうど『スターウォーズ』の最新作が公開されるので、そのプロモーションか何かだろうと思っていました。2日目も同じコースで通勤するわけですが、その大看板の前で写真を撮っているひとの姿がチラホラ。スターウォーズの第1作が日本公開されたのが1978年(昭和53年)で、私は確か中学生でした。世代的には熱狂するはずなのですが、自分でも不思議なくらい冷めていました。生来のへそ曲がりゆえ、周囲が盛り上がるほどに反発して冷めていくという偏屈さがそうさせたのかもしれませんが、以後も熱狂することはありませんでした。

同時代的には、動のスターウォーズよりも静の「未知との遭遇」の方を応援していましたし、今でもそっちの方が好きです。背伸びをして大人びたい年頃でもありました。なので、そこまで意識はしていなかったものの、さすがに3日間もその前を通っていると少し気になっていました。で、たまたまナビで検索したら今自分の居る周辺の情報としてやたらスターウォーズの文字が出てきます。それで改めて検索すると、それはファン垂涎の『スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビジョン』だという事が分ったのです。

仕事の後はどちらにせよまた天王洲アイル駅まで戻って来ることになるし、飛行機の時間まで少し余裕もあるし、ちょっと覗いてみるかぐらいの軽い気持ちで行ってみることに。そこは歴史のある老舗の倉庫業者で、従来の倉庫業の枠を超えてワインやアートの保管やさまざまなイベントなども展開されているところでした。そこでようやく、これが地下5階まですべてがスターウォーズ一色に染められたビッグイベントである事に気づいたのです。会場内には熱狂的なマニアがひしめき合っています。続きは明日・・・




 

今回のモクコレ出展は久しぶりの東京でした。展示物等の搬出は最終日にマンパワーで片付けましたので翌日は、東京のお客さんにご挨拶回りをすることに。弊社にとって『端材の最大の出口』となるカードスタンドを納めさせていただいているTOLOT(トロット)さん。いろいろな事を展開されているのですが、メインは写真を簡単にフォトブック、カレンダー、ポストカード、フォトカードにできるフォトブックサービス。デザイン、印刷、製本、検品、梱包、発送までをすべて自社でこなされていて、弊社では卓上型のカレンダーの木製スタンドを作らせていただいています。

TOLOTさんの本社は江東区の東雲にあります。ナビを頼りに伺ったのですが、場所はここのはずだが事務所が見当たらないと何度か通り過ぎてしまいました。というのも本社は倉庫をリノベーションして作られていて、正面玄関は鉄工所を思わせるような巨大な鉄の扉で覆われているのです。一見するとオシャレなフォトブックの会社の本社だとは思いません。外観は普通の倉庫にしか見えないのですが、工場の2階はコンテンポラリー・アート&フォトのギャラリーになっていて、さまざまなイベントなどが開催されているのです。外観と中身とのギャップにまず驚かされました。

中には最新式の印刷機が高速で動いていて、もの凄いスピードでフォトブックが製本されていきます。説明をしていただいたのですが、比較的シンプルな製材の機械ですらよく分らないメカ音痴の私には理解出来ませんでしたが、日本にも数台しかないようなとにかく凄いものであることだけはよく分りました。そんなハイテクマシンから生み出されるものと、弊社の工場で人海戦術で日々せっせと手作業で作っている木製品が組み合わさる事の不思議さ。というか、うちのちびっこスタンドはよくぞこんなモハイテクンスターと同じ土俵に立っているなと感動すら覚えました

なにせTOLOTさんのサービスに対する登録会員数は200万人を越えているのです!住宅業界に関する数字で言えば、新設住宅着工件数はかつて絶対に年間100万戸を割ることはないという「100万戸の神話」がありましたが、それも2009年に100戸を割ると神話はあえなく崩壊。2030年には55~65万戸ぐらいにまで減少するとの予測もあります。これが国全体の数字なのですから、会員数200万人というのがどれほど凄い数字なのかという事も分るのと同時に、住宅という限定された『森の出口』に固執することの危険性も感じずにいられません

1棟が数千万円もする新築住宅と1部数百円の商品を比べること自体ナンセンスと思われるかもしれませんが、マーケットの器としてのキャパは比較になりません。誰にだって買えるという事はまだまだ市場は広がるという事。材木屋としては限定された市場の中で激しい価格競争を生き抜くには余程付加価値の高い特殊材を扱うしかありません。それもひとつの選択肢ですが、脇道を見れば木をウエルカムで迎えてくれる広大な出口があるという事も事実。勿論その道とて平坦ではないものの、そこに踏み出すことすらせずに業界の未来を絶望し嘆くのは止めようと思うのです。




国内外の240の木を集めた【森のかけら】について、初めて商品説明をすると、寄せられる反応の多くは、「こんなに多くの種類があるんですか~」と「よくこれだけの種類を集めましたね~」の2つ。種類だけで言えば日本国内には、灌木なども含めれば1,500種ぐらいの樹木があるとされているのでまだまだわずかです。それでもよく集めたなと感心してもらえるのは、これだけの木を集めることが容易ではないということの裏返し。そこで、弊社のものづくりの原点の話へと繋がっていくので、どうしても話が長くなってしまう💦

そうしてモクコレでは商品そのものというよりは、ものづくりのコンセプトやその背景などについてお話させていただきました。今後の展開も含めると外せないのが『都市林業』の話。それで、ホテルまでの道中に東京の街路樹も意識して観察してみました。というのも、少しでも宿泊費を浮かそうと安いホテルを探してたら、駅まで徒歩6分と車で6分(徒歩で20分!)を勘違いして予約してしまい、連泊の3日は毎日結構な距離を歩く羽目になってしまったため、嫌でも東京の街路樹をじっくり観察することになったのですが。

もともと東京は、どこまでも続く原野(いわゆる武蔵野)だったところに、人が暮らすようになり屋敷林や防風林、雑木林などの落葉広葉樹が植えられた歴史があるようで、中でもケヤキは多かったそうです。そのため東京都の木を決める際にもイチョウとケヤキで市民投票が行われ(結果はご承知の通りイチョウに軍配が上がりました)たりもしました。その名残というわけでもないのでしょうが、やはりイチョウはよく目につきましたし、他にもクスノキケヤキ、ソメイヨシノなどを見かけました。

本当は立ち止まってそれぞれ写真も撮りたかったのですが、東京の人並みの圧に負けてなかなかそれは出来ませんでした・・・。街路樹に写真を向けて撮影をしているという事への恥ずかしさはすぐに消え去ったのですが、田舎者には人の流れを遮ったり逆らうのがなかなかうまく出来ない💦それでも東京の街には思っている以上に緑が多い!それを考えると道路整備に伴い伐られる街路樹の数も半端ではないと思われます。それらをうまくコントロール出来れば、『都会の森』からかなりバリエーション豊かな材がかなりに量、産出出来ると思います。

田舎と違って制約も高そうなのと、ストックヤードやその後の製材から保管まで考えるとハードルは高そうですが、それらすべてを産業廃棄物扱いなどにしては罪です。既にそうやって都市林業に取り組まれているところも多いと思いますが、最大のポイントは『出口』。集めた元街路樹をどう使うかという青写真が描けていないと、『都市山林』の算出量はスケールが違うので、あっという間にダムは満杯になり崩壊してしまう。だからといってその出口をバイオマスなどに求めるのだけは避けたい。もっともっと輝ける場所があるはず!それを考えるのが木を植えた者の使命




このモクコレの顛末記の冒頭で、商品の値札などを作るのが間に合わず、展示会の前日に宿泊したホテルで慌てて作ったものの、それをホテルに置き忘れるというう大チョンボをしたのだが災い転じて福となすとなりました、と書きましたが本日はその説明。今までいろいろイベントに出展してきましたが、何が当たるやら分らないという不安もあって、自社の商品をあれもこれも並べたりしていました。結局見るひとも説明する側もポイントが絞り切れずただ漫然と商品札の数字を追いかけるという事がありました。

その反省から今回は、『森のかけら』と『森のりんご』、『誕生木』の3点に絞り込むことにしました。それだけだとテーブルがスカスカになるので、一応『森のたまご』と『木言葉書』も展示はしましたが、あくまでもこちらのPRポイントは先の3点。たったそれだけの値札すら忘れるってどういう事と思われるでしょうが、そこは小心者の私の事、値札といっても価格の横には説明文などをあれこれ細かく書き込んでいました。それを忘れて来てしまったので、もう当日は値札も商品名も一切なし。ただし個別商品のチラシは先行して会場に送っておいたのでたっぷりあります。

足を留めて商品説明でも聞いてやろうと思ってくださる奇特な方にはチラシを手に取りな説明すればいいかと思っていました。そしたら、今までの展示会ではほぼ買う気もない(というか木に興味もなさそうな)のに、もの珍しさから立ち止まって、展示価格を見て「これがいくらになるの?」と尋ねられて、安く卸せないと答えるとそそくさとその場を離れるバイヤーが沢山いて、正直「掛け率だけにしか興味が無いんかいっ!」と苛立つことが多くありました。そもそもバイヤー向けの商品ではないモノを持って来ていたのが場違いだったにかもしれませんが。

私の中ではどこかのお店に卸させていただくというよりは、直接消費者に販売したいと考えていたので、出展するイベントとの適性も無かったのだと思いますが、なかなかそういう展示会に巡り合えませんでした。それが今回は、価格も提示していなかったからか、掛け率などを尋ねて来られる方はほとんどいらっしゃいませんでした。木工関係のショップや行政の方も立ち寄っていただきましたが、値段よりも商品コンセプトやものづくりの背景に熱心に耳を傾けていただく方ばかりで、私としてはまさに我が意を得たりの展開となったのです!

特に各地の自治体の方々からは、それぞれの地域資源である木材の『非建築分野での出口』について、かなり突っ込んだところまで対話させていただきました。街路樹や灌木などほとんど利用されていない木の活路と、ただのモノにしないための物語性の付加などについて。聞けばこちらとしては羨ましくなるような素材がほぼ活用されていなかったりしていて、いっそのこと手を組みませんかみたいな話まで。お会いした方、お話を聞いて下さった方すべてに感謝します(^^♪

 




昨日ご紹介した戸田昌志くんが、このイベントの最後の来客者となりまして、さまざまな地域・職種の方が入れ代わり立ち代わりお越しいただいた2日間のモクコレも無事終了となりました。私的には久しぶりに沢山のお客さんと続けて話しまくって、予想通り喉を傷めましたが大満足な2日間でした。今回は『森いづる愛媛』チームとして出展したものの、自社の事だけで精一杯でしたが、皆それぞれ心地よい疲労感に包まれました。片岡伸介くん-Ast-ブックカバーを購入した水野斉くん。こういう心遣いが、出来る男!

井部健太郎君は、新ブランドの『MOTOMOTO KUMA』を立ち上げて、自社のロゴ等を一新した際にデザインを手掛けてもらったデザイナーの工藤波夫くんと手を組んだスマートなカードケースのみで勝負!しかもまだ価格設定前の参考出品という事でしたが、その洗練されたデザインに多くの人が足を留めて、価格はいくら?正式な発売日はいつから?と質問する人が絶えませんでした。久万高原産のヒノキを薄く削った極薄突板シートを素材に使い、試行錯誤を経て生み出したこだわりの逸品で、私も正式発売が楽しみ!

健太郎君の会社は大林業家で、本来はもっと川上側の仕事をする人間なのですが、川下の出口について熱心で今までも数々のオリジナル商品を生み出しています。日頃から、山側の人間はもっと川下の事を知らなくてはならない、が口癖で本人がまずそれを実践しています。健太郎君は私より1歳下なのですが、同じ地域に同じ志を持った同世代の人間が要るという事がどれほど心強いことか!いつでも直接会っていろいろ相談出来る距離感というのはとても大事で、今回でも彼がいなかったら出ていなかったかもしれません。

いくら自分独りだろうと吠えてはみると強がりは言ってみても、周囲に理解者がいないというのはやはり寂しいもので、ここに辿り着くまでにけもの道で迷ったり息絶えていたかもしれません。仲間は大事!その健太郎君はFM高知からも取材を受けていて、センスあるものは見る人が見れば分るようです。また、mogana(もがな)槙野賢児くんの神棚も、ヒノキの柾目を使った斬新なデザインで、既に幾つかの神社などでも採用実績があり、多くの方から質問を受けていました。ここに徳島克次くんの木遊舎の定番の愛らしい木のおもちゃが加わり、バリエーションのあるチームだったと思っています。それぞれにターゲット層も違っていますが、ブース内を巡ってくださる方も多くて、チームを組んだ意義はそれなりにあったと感じました。

今回我々のブースではあえて『愛媛県』という事を全面に押し出してPRしなかったので、商品を気に入った方が後から「これはどこで作っているの?」と尋ねられる事も多かったのですが、何県で作っているからという事より先に商品ありきだと思っています。こういうイベントだからそういう問いもありますが、実商売になればそんな事は関係ない話。私たちはあくまでも、このイベントはこの後の商売のためのPRの場として考えているので、愛媛県の名さえ宣伝出来ればそれでいいだなんて微塵も考えてもいません。

そんな事を言うとお世話になった行政の方には怒られそうですが、ここでいくら県の名前をPRしたところでその場限りの打ち上げ花火。それからいかにビジネスに繋げていくかという事が展示会の目的だと思って来ているので、成果は名刺の数ではなくて、その後の展開。今回のイベントにあたり何かと骨を折ってくれた愛媛県林業政策課竹本憲生君に報いるにはそこしかないと思っています。今後も頑張りますと竹本君は言ってくれましたが、頑張るのは君じゃない。ここから先頑張らなければならないのは我々なのだ!

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up