森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

共同で『誕生木・12の樹の物語』を作った兵庫県明石市の住空間設計Labo渡辺社長から今年も甲子園の阪神戦にご招待いただきました。しかも初の巨人戦ナイター!日曜日の夕方18時試合開始なので、最後まで観戦してたら家に帰りつくのは深夜2時は過ぎてしまいそうですが、こんな大チャンスを逃すわけにはいきません。帰りの強行軍覚悟でいざ甲子園に乗り込みました。実はこれで今年度の阪神タイガースの試合を観るのは8試合目。そのうち甲子園球場は5回目。シーズンは終盤に差し掛かっていますが、ほぼ1ヶ月に1試合のペースで野球観戦。

春先の休みが続いている週末の甲子園2連戦などは当然逃しませんが、時期的にデイゲームが多くて、デイゲームだと長い試合でも18時には終わるので、そんな時間から試合を観るの新鮮。折角なので試合前の練習から観ようと、開門直後に入場したのですが、さすがに人気カードの今季最後の地元3連戦の最終日ということもあり既に人が溢れていていました。直前まで小雨が降っていてグランドコンディションが悪かったせいか、練習もほどほどに入念なグランド整備に時間が割かれたのは残念でしたが、雰囲気は最高~!

今年の観戦勝率は無残ですが、勝っても負けても生で試合を観れるのはそれだけで楽しいのです!太陽が沈むに合わせて照明にも灯がともります。ちょうど私たちの席の前に、彼氏が阪神の、彼女が巨人のユニフォームを着たカップルがいましたが、他人様のことながらこれで仲良く観戦出来るのか心配になりました。ふと辺りを見回せばそういう組み合わせのカップルや友人グループなどもそこそこいたのですが、相手球団を応援する友人と並んで試合を観れるほど私は大人ではありません。野球の楽しみ方もひとそれぞれなので余計なお世話ですが。

ご招待いただいたのが、3塁側のベンチのすぐ後ろという素晴らしい席なので選手との距離も近い!目の前に見えるのが憎らしきジャイアンツの選手といえども、プロ野球選手の鍛え上げられた身体は見てみたいもの。と思っていたら、高価そうなズームレンズのカメラを持った巨人の追っかけたちが、ネットに張り付いて練習に出てきた巨人のお目当ての選手を激写。さすがは巨人、他のチームでは野球少年が陣取りますが、ほぼ若い女性がネットに群がります。無償の愛で支えてくれるファンという存在は本当にありがたい。どうすればここまで人を魅了させられるか、何事も勉強。明日に続く・・・

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up