森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20090701-e6b0b4e6bbb4数日までの空梅雨が嘘のように、今週は激しい雨が続いています。この雨のお陰で、ダムの水も随分回復した様子で、中止になっていた子ども達の学校のプールも再開されるようです。今度は一転して、あまりの雨量に土砂災害や地盤の緩みなど警戒感が出る始末。特に九州地方では記録的な大雨で、道路が冠水したり大変なようです。皮肉なものですが、雨も晴れも天の恵み、人間の思うようにはいきません。今日は午前中こそ曇天でしたが、昼前から激しい雨が降ったり止んだり・・・雨が上がった隙をついて倉庫の商品を出していたものの、途中で横殴りの雨が・・・まあ、この時期毎年の事なので仕方ありません。

弊社の敷地は中央からわずかに勾配をつけているのですが、加工場の方が水ハケが悪く大雨が降ると、水だまりが出来てしまいます。そこに置いてある大切な材料には桟を渡してあるので、被害はないのですが、端材は立て掛けてあり、端が水に浸かってしまいます。水はしばらくすれば引くのですが、日中雨が降ると水に浸ったままになってしまいます。きちんと整理して足元に下駄を履かせばいいのでしょうが、なかなか手が回らず『小さな被害』に悔いを残してしまいます、反省!

しかし、大雨といっても愛媛県、特に松山は天災の少ない地域で、台風や大雨も大被害が出るという事は滅多にありません。棲むのには随分安心な街だと思います。九州や東海地方は、毎年梅雨と台風では甚大な被害が出るようで本当に大変だと思います。フローリングや壁板など加工商品などは、1度濡らしてしまうと売り物にならなくなってしまいます。避難させようにも倉庫に積み上げてあれば、動かしようもありません。他社の商品とはいえ、木を扱う者として木材に被害が出るのを見るのは心が痛みます。誰かに使ってもらって喜んでもらうために加工された物が、使命を全うできないのはさぞかし不本意でしょう。そのことを改めて肝に命じ、自戒の念を込め、小さな被害も出さないように気をつけたいと思います。

20090701-e5a495e784bce38191efbc95大雨の合間に『美しい僥倖』に遭遇。雨を呼ぶ雲の隙間から美しいトワイライトが!西の空に向かっては大きな建物がないので、ここからの眺めはいつもパノラマのようです。この光景に感動して、下の娘には『茜』の文字を入れ『茜己子(あきこ』と名付けましたが、今のところ『』の部分の自己主張の方が勝ってしまっているようです・・・。

 

 

20090701-e5a495e784bce38191efbc94風が強いので雲が凄い勢いで流れて行きます。雲の形がドンドン変わっていく中、次々と鮮やかな光景が現れます!雲と光りのせめぎあいといったところでしょうか。この画像の左は白濁の雨雲、右は紫色の夕焼け!

 

 

 

20090701-e5a495e784bce38191efbc92

次第に黒い雲が空を支配していきます。映画『地球が静止する日』に出てくるような、不気味な雲です。これは何か起こる前兆・・・の訳もなく静かに辺りが暗闇に包まれていったのです。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up