森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日、また新たな嬉しい出会いがありました。松山市越智町で『mikan cafe(ミカンカフェ)というケーキ店を経営されるオーナーシェフ・永尾彰英さんです。もともと福岡の出身ということでしたが縁あって愛媛の地でお店を構えられました。いつも自宅や事務所の外溝工事や植栽でお世話になっているガーデンコルー鶴間君の紹介です。熱心にユニークな庭造りに励む鶴間君については、また改めてアップします。さて、永尾さんですが、お店のロフト(2階)スペースにローテーブルを作りたいという事です。鶴間君と一緒に弊社でお話を聞かせていただきました。しかし、私がいつものように関係ないような木の話をダラダラしてしまい、結局後日お店に伺わせていただくことになりました。

20090703e38080e3839fe382abe383b3e382abe38395e382a7efbc92数日後お店に伺いました。よく通る道だったのに気がつきませんでした。外観もお洒落で洗練された雰囲気です。男一人でケーキ屋さんに入るというのは少々勇気が入りますが、不思議に作業服だと抵抗がありません。「ええ、そうですよ。私は仕事で来ているんですよ。そんなにパクパク甘いケーキを食べちゃう軟弱な男じゃありませにんよ。」・・・誰が見ているわけでもないのに・・・全く無駄なおっさんの変な見栄です。私、お酒も大好きですが、甘いものにも目がありません。まあ、そんなにたくさんは食べれませんが。

20090703e38080e3839fe382abe383b3e382abe38395e382a7efbc93話が逸れましたが、店内も明るくすっきりとした雰囲気ですが、驚いたのはパッケージやロゴマーク、個別の商品のデザインなどもオリジナルで作られ、コンセプトが徹底されていたことです!凄く手が込んでいるプロの仕事です。個別にその都度思いつきでデザインを作ってしまうと、バラバラな物の寄せ集めみたいになってしまいがちですが、相当頑張っておられます!玄関のお店のプレートからして只者ではない雰囲気です!

 

                                    

20090703-e382aae383ace383b3e382b8efbc921この【KUMA-MA】のデザインもシンプルでさりげないですが、思いが伝わります。実はひとつお土産にいただきましたが、持ち帰った弊社の女性陣にも大好評!自分のところも【森のかけら】デザイン刷新の際に、デザイナーさんにコンセプトから練って作っていただいたので、最近はロゴマークやキャラクター、デザインなどが気になってついつい見入ってしまいます。やはり美はディティールに宿ります。

 

    20090703-e382aae383ace383b3e382b8efbc93

私の心がくすぐられたのが左の商品。その名も【屋久島名水ジュレ】!一瞬、【屋久杉】かと思いました。屋久杉とおぼしき輪切りの年輪のデザインもいいです、このデザインだと【円い森】にもレーザー印字出来そうです。

20090703e38080e3839fe382abe383b3e382abe38395e382a7床材は桧の幅広板が敷かれ、高い天井にはあらわしの梁が架かっています。ロフトは今は使われていませんが、ここにローテーブルが入ると面白い空間になりそうです。サイズは決まったのですが、樹種はこちらにお任せしていただくことになりました。『お任せ』・・・嬉しくも怖い言葉です!選らばれし事の恍惚と不安ふたつ我にあり・・・です。数多くある木のお店の中で、縁あって弊社を選んでいただいたのですから、意味ある物にさせていただきたいと思います。オーナーお若いですがお人柄もよく、静かな語り口ながら熱き血潮たぎる九州男児です!ローテーブル、お楽しみにお待ち下さい!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up