森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

とにかく行列に並ぶのが大嫌いで、スーパーで数人のレジに並ぶのすら避けて、列がなくなるまで用も無いのに店内を回るぐらいの私なのですが、二階へと続く廻り階段の下にまで伸びている列に並ぶことを躊躇しなかったのは、この店の内装に興味が湧いたから。並んでじっくりと観察したくなるほどとにかくこの空間に圧倒されたのです。私たちが順番を待っている間にも次から次へと絶え間なくひとが流れ込んで来て、1階にありバームクーヘンの売り場は大混雑。普通ならこの人混みに辟易するところですが、なぜかじっと待てる。

なぜなら待っている間に見える光景がこんなだから。一体なんなのだろう、この店は?!恐らく溢れるほどの店内で、この店の正体を知らないのは私独りだけじゃないのかしらと不安になるほど、入って来る人は皆笑顔でこの空間に驚く様子もなく、当たり前のように行列に吸い込まれていきます。娘たちもしっかり「予習」をしていたみたいで、「そうそう、こういう感じ」とこの空間を確認している感じでしたが、そんな中で私だけがおのぼりさんのようにキョロキョロと挙動不審。「お父さん、恥ずかしいからあまりウロウロしないで」と娘に注意されるします。そんな事をしていたらカフェの列も少しずつ進んで、廻り階段から2階のフロア―へ。斬新奇抜な天井に目を奪われていて気づかなかったのですが、フローリングに立っていると妙な違和感が・・・

なんだか床の雰囲気がやわらかい・・・少し明るくなったことろでよく観察してみると、床に貼られているのは栗ではないですか!しかも乱幅で!よく見れば、2階のフロア―すべてのが『』!しかもそのカフェの柱も枠もテーブルの天板もすべて栗!え~っ、なにっ、この栗づくし!なお、まだこの時点でも誰の設計なのか分からず。もう栗に気づいてからは、バームクーヘンどころではなく、床やら造作やらテーブルをジロジロ。普通に座って食べてるけど、あなたらこれ全部栗って知ってるの?凄い事なんやで~と要らぬお世話(←知らんかったのきっと私だけ、汗)

とにかくここはバームクーヘンが美味しいからという事で、娘たちに促され私も皆と同じバームクーヘンのセットを注文。料理が運ばれてくる間もいろいろなところが気になるのですが、さすがにお客さんの方にカメラを向けるわけにもいかず、何気なく窓の方を見ていたら、そこには更に広大な敷地があって池のようなものが見えるではありませんか!何なに、一体どういうこと、これも全部この店のモノなの?!そこでようやく携帯で『ラ・コリーナ近江八幡』を検索。そこでようやく(私だけが知らなかった)驚愕の事実を知ることになるのです。続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up